前後サスをソフトスプリングにしてみた。

  • 2017.01.09 Monday
  • 15:41

本日はちょろっとFXカスタムネタ…。

 

前後サススプリングと小物パーツ、、、

 

 

 

まずは先月の成田試乗会で、

 

知らぬ間に自分のバイクを奈落の底に落とされるというイジメに遭い

 

色々壊れた部分の修理。

 

イジメだめ、絶対( `ε´)ノ

 

 

 

 

 

ブレーキホースのバンジョーとカシメの接続部分が損傷したので交換。

 

んで、交換するときにマスター側のバンジョーを裏返しにしてみた。

 

ホースを捻るコトになるのでビミョーだと思ってたんですが、

 

交換ついでに捻ってみたら意外とヨユーあるので問題なさそう、、、。

 

 

 

そうすればバンジョーが後方に反れるので、

 

YAMAHAやKAWASAKI乗りが苦戦するハンドガード干渉問題が解決しそう。

 

 

 

 

 

おー、見事に避けた。

 

そして懸念の180度の捻りに関しても問題ない感じ。

 

ノーマルのゼッケンプレートのままだとホースが擦れすぎちゃうかもだけど、

 

ボクみたいにヘッドライトカウルに換えていれば、

 

トップブリッジ前に隙間があるのでホースに自由度が出るのでオケー。

 

コレでいくことにしました。

 

 

怪我の巧妙…♪♪

 

 

 

 

成田にある底も知れぬ混沌の闇の底に落ちたのでフォークオイルが左右とも漏れた。

 

はい、正月にFF13やりました。

 

 

 

んで、せっかくシール交換するならとフォークスプリングをソフトスプリングにしてみた。

 

YAMAHAは純正で硬さの違うオプションスプリングが出てて、

 

以前のYZ125とか250はそのオプションでソフトが選べたりしたんですが、

 

YZ250FXはオプションスプリングの中でもすでに一番柔らかいスプリングが組み込まれてるので、

 

オプションでコレ以上ソフトにすることはできないんす。

 

硬くすることは出来るんですけどね、、、。

 

 

現在のサスでも概ね不満はないのですが、

 

白井のガレガレの沢を下るときとか、

 

ちょっとゴツゴツと硬さを感じるんすよね、、、。

 

成田とかの急めな下りでも感じる…ってゆーか、

 

コレくらいはしょーがないと割り切ってたんですが、

 

'17のYZ250FXとか、KX250F-SEを試乗会で乗ったときに、

 

この辺のショックがより少なかったので、

 

スプリングを柔らかくすることで多少近づけるコトが出来まいかと、、、。

 

 

 

そこでZETAのソフトスプリングをチョイス。

 

ノーマルのバネレートは4.1N/mmで、

 

ZETAのソフトは3.85N/mm…。

 

ちょっとソフトすぎるんじゃないかという不安もあって二の足でしたが、

 

ここは試しと奮発購入、、、。

 

フォークオイルが両方漏れたので踏ん切りつきました( `ε´)ノ

 

怪我の功名…w

 

 

ダートフリーク製品ってコトは、

 

健二カントクとかチビテク師匠のユータロー師匠が監修して

 

チョイスした硬さなんじゃねーかっつー信頼性の元トライ。

 

とかいってフツーのダート社員がテストしただけだったりして…www

 

 

 

 

ついでに今年お疲れ様的な意味合いでステムも分解。

 

幸い落っこちたダメージはなさそうなので、グリスアップしなおして組み付け、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

フロントに合わせてリアも同じくZETAのソフトスプリング。

 

こちらもフロント同様にYAMAHA純正オプションでは柔らかく出来ず、、、

 

純正48N/mmに対してZETAソフトは45.4N/mm。

 

こちらも結構落ちてます。

 

 

 

リアサスプリングは写真の純正に似たブルーのほかに、

 

「キャンディブルー」なんつーシャレオツそうなラインナップもあり、

 

ちょっと揺らいだんですが価格が4,000円くらい高くなるのでやめましたw

 

 

 

 

 

 

装着…。

 

とりあえずプリロードなどは今まで同様の位置で試します。

 

サグで110くらい取っていて足着き重視なセッティングです。

 

 

 

 

 

 

フロント同様スイングアームピボットやリンクもグリスアップ。

 

 

 

 

 

 

そして今回付けた小物パーツがホイールのカラー。

 

フロントはアルミなのでオイルシールのリップにヤラれて磨耗します。

 

なので、ベアリング交換ついでにカラーも交換しようと。

 

 

 

 

 

 

これまたZETAのアルマイトカラー。

 

青くなりますが、、、、目立ちませんw

 

 

 

 

 

右側に至っては覗き込んでもほぼ見えない。

 

3mmくらい見えてるけどアクスルシャフトが目立っちゃって

 

カラーアルマイト意味ない感じ、、、ま、気分すね。

 

 

 

 

 

 

 

リアはダストシールを覆うカップがついてるので青が目立ちます、フロントより。

 

FXのリアのカラーも同じように最初からカバー付きですが、

 

FXのリアホイールカラーはスチールなんすよね。

 

なのでフロントのアルミと違い耐磨耗性は高いんすけど重いので、、、

 

バネ下の軽量化という大義名分のドレスアップパーツとして買っちゃった。

 

 

 

 

 

 

あとはこないだ中古車に取り付けてなくなっちゃったFEALさんの

 

フォークボトムガードを新調。

 

通常ラインナップはブラック、レッド、ブルーの三色ですが、

 

コレは限定カラーのラベンダー。

 

爺ヶ岳現地販売限定5セットという限定感にヤラれて購入しちゃいましたw

 

渋いぜー。

 

 

 

 

 

んで、走り初めの白井でインプレ、、、、。

 

数値を見て相当柔らかくなっちゃったかと不安だったんすけど、

 

思ったより変わってない、、、

 

劇的な変化って感じじゃなくて、あくまでセッティングの範疇というか、、

 

 

良い意味で変わりすぎてなくて安心しました。

 

 

 

 

白井のガレた沢の登り下りで走り込んでみたんですが、

 

やはり全体的に柔らかくなっていて、低速でゴツゴツきてた感じが大分和らいだ。

 

ある程度スピード出した時は元々のFXサスでも不満なかったっすけど、

 

このソフトスプリングにしても不満ナシ。

 

 

 

 

 

 

 

ガレを走行する上ではメリットしかないっすねー。

 

あとはモトクロスコースを走行してどうなるか、、、

 

ちょっとキツめのフープスなどに突っ込んでみて

 

入りすぎちゃう感じがしなければ付けっ放し決定かなー。

 

 

 

今度別の場所で試してみます。

 

とりあえずガレや低速ウッズの木の根などでは

 

印象良いっすね。

 

モトクロスコース走ったらまたインプレします。

 

 

 

 

 

FXはまだもーちょいイジりたいトコロがあるので、

 

今月中に完成させてまたネタにします〜〜!!( `ε´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM