成田大試乗会…各車両のインプレなど( `ε´)ノ

  • 2017.12.07 Thursday
  • 15:38

時系列的にはスゴツーレースレポなんですが!!

 

各メーカーのレーサー受注も差し迫っているのでまずはこのネタから、、、

 

’18モデル色々乗ってきました!!

 

 

 

もはや毎年恒例なイベントとなった成田大試乗会!

 

JEC主催で行われるこの試乗会、、、

 

普段の成田MXパークの走行料+500円で、

 

自分のバイクでのフリー走行と最新モデルの試乗が堪能出来るイベント。

 

自分のバイクとその場で走り比べられる…ってのが最大のポイントですね(`▽´)

 

 

 

 

 

JNCCでも注目なモデルは乗りましたが、

 

いつも走ってる成田で乗るコトでより体感した事も多く、、、

 

 

ちゃっちゃと行きます!

 

ホントは現地で車両の写真を撮ってくればよかったんすけど、

 

知らない人が乗ってたり、なかなか難しいのでメーカーHPより車体写真でお送りします。

 

まずはYZ250FX…。

 

和田ぽんも乗っていたこの車両。

 

’17でモデルチェンジしたので’18では特に変わってないんですけども、、

 

やはりオールマイティさが際立ち、レースで勝つには一番っすね( `ε´)ノ

 

 

ボクの持ってた’15と比べ、元々最高峰だったサスペンションが一層良くなり、

 

初期作動性が良く疲れないのにモトクロス的なジャンプもイケる感じ、、、

 

好みの差もあるでしょーが、サスはやっぱKYBだなぁ…と思う和田ぽんです。

 

 

ネックは車重と言われてますが、通常のエンデューロレースでは気にならないかなぁ。

 

強いていえばハード系なレースで

 

何度も何度もキャンバーの反対側に倒れたらイヤだな、、くらい。

 

 

各部の軽量化でも相当変わるんですけど、国産は車体が安いので

 

フルエキやらなんやらやっても外車勢より安い…ってのがポイントですね。

 

 

あとは車格がやや大きめ。

 

YAMAHA、KTMは大柄なイメージ。

 

大してKAWASAKI、BETA、SHERCOはややコンパクトかなぁ。

 

CRF250Rも腰高感あってちょっと怖かった。

 

 

 

でも個人的にはソレはリンクガードでのちょいローダウンなどで

 

充分対処出来るので、大柄だっつーのはあまりマイナスにカウントしないっす。

 

とくにFXは車高調付きのリンクガードによるちょいダウンとフォーク突き出し、

 

プラスちょっとのアンコ抜きで簡単に出来るので…。

 

 

 

んでFXはとにかくトラクションが良いので開けていける、、、

 

サスが良いので開けていける、、、

 

ゲレンデ系でも2st250にパワー負けする感じもあまりなく、

 

どのレースに出ても苦手はないと思います。

 

 

ただ、エンジンのピックアップは鋭く、モトクロッサーベース感はあるので、

 

ホントのホントにオフロードやりはじめのビギナー様にはオススメじゃないかも。

 

初心者じゃなくて、初級者以上ならレベル、フィールドを問わず「勝てるマシン」すね。

 

クロスカントリーやエンデューロで成績を出したいならコレだろーーー( `ε´)ノと。

 

 

 

 

つづきましてYZ125X

 

これはホント軽い。

 

異次元の軽さです。

 

2st125のバッテリーレスだから…ってだけじゃなく、

 

元々のYZ125がクラス最軽量を謳ってたマシンなだけに、

 

他の125に比べても軽いっすね!

 

とにかく軽いバイクが良いって人にもオススメ。

 

 

でもホントにオススメなのはビギナーさん。

 

ミニバイクじゃなく、フルサイズで始めたい!!って人は

 

間違いなくコレだーーーと思いますね。

 

 

2st125とはいえ扱い易く、疲れたときにも優しいので、

 

体力に自信のない人にもオススメ。

 

FX同様サスペンションがスバラシイので、

 

かなりローダウン加工しちゃっても中級者以上じゃなければ問題ないレベルの

 

性能を維持出来ますし、足着き性をぉ〜!!って人も問題ないかと。

 

キックオンリーだけど軽いしすぐかかりますしね。

 

 

 

転倒後の再始動性も2stの大きなメリットっすねぇ。

 

 

苦手はゲレンデの登坂勝負ではややパワー不足を感じます。

 

あとはハード系も向いてないっすね。

 

パワーでなんとかしたい所は逆に難しく感じると思います。

 

 

 

でも成田を走るとホント楽しいです。

 

体感が4st250より速く感じるので、爽快感があるんすよねぇ〜。

 

あとは半クラを積極的に使わないといけないので、

 

ライディングのイロハをバイクが教えてくれる…ってのもあります。

 

ワタクシめ和田ぽんも来期は125で逝こうと思ってますんで、

 

もう一度ライディングを見直そうと思ってますw

 

 

価格の安さも魅力っすね。

 

新車で税抜58万なんで、チャンバー換えてもサスいじっても、

 

全然安いのでコレもイチから始めたい人にオススメな点ですね。

 

 

 

 

 

 

250FXと125Xは’17からほぼ変わってないのでアレでしたが、

 

’18YZ250Xは変わってました!

 

以前はサスが硬すぎたんですが、今年のモデルからはかなり初期作動性重視に振られ、

 

FXのサスみたいな雰囲気。

 

上級者向けだったセッティングが万人向けな感じになってヒジョーによかった。

 

 

ただ、エンジンの鋭さは相変わらず、、、

 

中上級者以外だとちょっと怖いと思います。

 

 

 

が、、、これまたお値段が安い国産車のメリット。

 

ヘビーウェイトフライホイールいれて、チャンバーいれて、、、

 

っつって、中上級者向きのセッティングをマイルドにしても、

 

やっぱり外車勢より安いんすよねぇ〜:・(`▽´)・: 

 

そんなYZ250Xに乗った事ありますが、

 

そうしたら初級者でも充分扱える特性といえる感じに仕上がってました。

 

ひとつ高めのギアでボォーボォーと楽に走れる感じ。

 

 

あとはセルの有無ですよね、、、

 

セル&バッテリーがないオカゲで、セル付き2st250と比べると格段に軽い。

 

軽さを取るか、セルを取るか、、、。

 

 

もしくはエンジンを止めないためにリクルスを入れちゃう…って手もありっすよね。

 

リクルス装着でフツーにクラッチ操作してたらレース中にエンジン止まることは少ないっす。

 

 

ボクが乗るならGNARLYつけて、、フライホイールウェイトを11〜13ozくらいのつけて、、

 

それで乗ってみてさらにマイルドにしたかったらDEPのロングサイレンサーとか、、、

 

現在KXでキックオンリーはさほど気にならないので、ボクはリクルス入れないかも、、、。

 

 

 

そんな感じで、軽い2st250に乗りたいならコレ〜!!って感じで。

 

 

 

YAMAHAのレーサーモデルは受注生産です。

 

今年の受注期間は12月10日まで、、、今週末までです!!

 

あ、再三宣伝してますがYZ125Xは即納で在庫ありますだぁ〜( `ε´)ノヨロチク…ビ

 

 

 

 

つづいて乗ったのはKX250F-SE( `ε´)ノ

 

KAWASAKIのモトクロッサーKX250Fをピュアテックさんが

 

エンデューロモデファイしたエンデューロバイクっすね。

 

マップ変更とリア18インチ、前後サスモデファイ、サイドスタンドなどがついて

 

なんとKX250Fの4万円アップ…!!

 

マジか!?って価格で’17モデルの時も相当売れました。

 

今回の試乗会でも「コレが一番!」って人が多かったっすね。

 

 

 

KX-F自体は’17とあまり変わってないんですが、

 

’18のSEはピュアテックさんがサスのモデファイを煮詰めたので、

 

昨年モデルと比べさらに初期がよく動き、もう一段階好印象になってました。

 

 

しかも車両オーダー時にモデファイっぷりを変更出来るので、

 

その点では一番良いサスが作れる…と言っても過言ではないかも。

 

サスペンションの良さは’18モデルナンバーワンすね、和田ぽん的に。

 

 

エンジンはモトクロッサーベースなのでパワフル。

 

でも低速の扱い易いマップに変更されているので乗りやすいっす。

 

 

FXの対抗馬的な存在ですが、、、、

 

やはり一番の違いはセルかキックか、、、。

 

バッテリーレスのキックオンリーなので圧倒的に軽いっす。

 

さらにKX-Fがコンパクトなので、さらに軽く感じます。

 

キックはヒジョーに軽く、始動性も良いんですがやはりキックはキック。

 

でもボクはJNCCやJECではまず気にならないかなぁ〜と思います。

 

度々転倒しちゃうビギナーさん以外は、、、。

 

それよりは軽さの恩恵が大きいっすね。

 

 

 

あとは極低速のトラクションはFXに軍配かなぁ。

 

コンパクトさとレスポンス&パワー感はSEに軍配。

 

軽さも圧倒的にSE、でもFXにはセルがある。

 

サスペンションはほぼ互角、、、

 

悩ましい所です。

 

 

でもこれから始める人が4st250フルサイズで!って言ったらFXかなぁ。

 

ボクは今どちらか選べって言われたらKX250F-SEにしますけどねw

 

実は、、、もうすぐKX250F-SEの下取り中古車が入ってくるんですが、、、

 

来期の和田ぽんマシンにしてしまおうか本気で悩みました、、、

 

が、以前からSEを欲しがっていたお客様がいたので譲ることにしまして、

 

今回は見送りました〜。

 

来年また下取りで入ってきたら乗るかも、、、それくらい楽しいマシンっす。

 

 

苦手はやっぱりハード系、、くらいかな。

 

キャンバーでコケてエンジンストップして4stキック…は避けたい。

 

エンジン特性と軽さ的にはヒルクライム得意なんすけどねぇ〜。

 

 

 

KX250F-SEは今からでもまだ注文出来ます( `ε´)ノ

 

例年年明け〜春までにはなくなっちゃうので、

 

あまり迷ってるヒマはないぜぇ〜!!

 

 

 

 

 

 

つづいてHONDAブースに行きまして、やっと乗れましたCRF450RX

 

450と構えて乗るとびっくりするくらい扱い易い。

 

そこまで大柄な感じもしない。

 

450ドッカンパワーを味わいたい人には良いかもー。

 

一速高めでブルンブルン走る乗り方をすればビギナーさんでも乗れると思う。

 

 

前にも言いましたけど450はパワーを味わいたいビギナーさんか、

 

上級者にオススメ…って感じすね。

 

中級車とかだとヘタに回せちゃうから持て余しちゃう、、、

 

だったら250で充分事足りるな〜、、、って感じ。

 

 

正直YZ450FXに乗ったときとだいたい同じ感想だったり…(^▽^;

 

 

でもHONDAがエンデューロ界に殴りこんできた感があってヒジョーに嬉しいっす。

 

250RX出ないすかねーーーー来年出るっぽいよーなウワサも、、、

 

聞いたよーな聞かないよーな、、、、

 

 

 

 

ちなみにCRF250RのTechnixエンデューロモデファイ車もあったので乗りました。

 

初期から動くようになってて、サスはヒジョーに好印象でした。

 

若干腰高感があったので短足族のボクはちょっと怖かったですが、

 

車体も軽いし、エンジンはムチャンコ扱いやすいし、、、、

 

扱い易さで比肩するモノがなかった過去のCRF250Xに、、、

 

そのネックだったパワー感というか、ツマンなさがなくなり、

 

扱い易いけど、アクセルあければレスポンスよく、ちゃんとシャープにパワーが出てる。

 

コレで250RXが出たらビギナーにも超オススメな4st250エンデュランサーに

 

なるんじゃないかなぁ〜、、、、と期待。

 

 

そしたらYZ250FX、KX250F-SE、CRF250RXと、

 

国産4st250戦線が混戦となって萌える( `ε´)ノ

 

 

ま、250RXなんてホントに出るのかまだわかんないっすけども、、、

 

 

 

 

あ、あとYAMAHAブースで気になったのはカントク仕様のセロー250!!

 

 

 

 

当日のエキシビジョンレースでも使われていたコレですね。

 

ヒジョーに人気で午前中は結構な列が出来てまして、、、

 

こりゃー午後になってから乗ろう、、、と思ったら

 

諸事情により乗れませんでした、、、、諸事情によりw

 

 

 

TechnixさんのリアショックASSYとフロントフォークスプリングでサスモデファイ。

 

リバルブなどは行っていないそうで、ボルトオンパーツでこの足回りをゲッツ( `ε´)ノ

 

周りの評価も良かったので、ぜひ乗ってみたかったんですが、、、またの機会に。

 

 

最近チーム内にトレールで頑張るガッツな野郎がいないっすねぇ〜、そーいや。

 

セロー225とかセロー225Wとか、、、

 

セロー225WEとかに乗るオジサンが2,3人いるくらいですww

 

以前はKDXとかKLXとかXRとか、、、トレールをモデファイして

 

レース活動頑張っていたお客さんが結構いたモンです、、、

 

ま、ある意味、レーサーがお手ごろになったっていう証拠ですねw

 

 

 

 

 

んで、外車勢、、、

 

 

 

まずはBETAから、、、RR2T250/300…。

 

今年のRR2Tは色々モデルチェンジを受けまして、、、

 

軽量化もそーですけどエンジンもフレームも色々変わってます。

 

こないだ納車整備した感じ、とくにネック周りの剛性が上がってますね。

 

よりハイスピードにも対応できるようにした…のかな。

 

 

エンジンもパワフルになった感じがしました。

 

各メーカー250と300の二つのラインナップが出ていますが、

 

その年の味付けや車種によって、

 

250が乗りやすく、300はちょっと持て余す…って感想の時と、

 

逆にトルク厚い分300が乗りやすい…って感想の時があるんですが、

 

今年のRR2Tは後者のほう、、、300がマジで良いっす( `ε´)ノ

 

ナンバーいらないなら間違いなく300がオススメっすね!

 

 

2stの評価ではRR2T300が一番だった…って人が多かった気がします。

 

過去のモデルのほうがよりマイルドで乗りやすかった…なんて声もあったみたいですが、

 

そこは排気デバイスやチャンバーのモデファイだったりで対応できるでしょう、、と。

 

パワーが出てる分、上も下もカバー出来て、かなり熟成の領域に達したんじゃないかと。

 

スタンダードのサスペンションはそこまで評価が高くなかったRR2Tですが、

 

今年からかなり良く動くようになってまして、

 

これなら「スタンダードはサスがなぁ、、、」なんて事もないっすね!

 

 

ちなみに今までのスタンダードサスも、スプリング交換とリバルビングで、

 

全体的に柔らかく、さらに初期作動性重視なセットにすることで、

 

だいぶ良くなるんすけどねぇ〜。

 

コレはハナから良く動きました。

 

ハード系にはもってこいなBETAでしたが、

 

今回の変更で、これならJNCCなどのハイスピードレースでもバッチリだ!!

 

って印象です。

 

 

 

…が、もちろん従来の扱い易さ、軽さ、コンパクトさはそのままなので、

 

依然ハード系一番人気なのも間違いないと思いますけどねー。

 

 

 

白基調になってしまった見た目は和田ぽん的にはノーグッド( `ε´)ノ

 

リアフェンダーのサイド部分が変更になり、

 

よりX-Trainerとの見分けが付かなくなってる事件、、、

 

 

和田ぽん的にはやはりBETAはレッドにして、レーシーなデカール張りたいっすね。

 

ま、そんなカスタムはすぐ出来るでしょーけども。

 

 

X-Trainerは今売られてるのが’17モデルなのでとくに変更ナシ。

 

RR2Tが軽くなったとはいえ、

 

X-Trainerの軽さのほうが一段上、さらにコンパクト。

 

山遊びやナンバーつけちゃう遊びな人にはコチラ…ですね。

 

価格が安いのも大きな魅力。

 

まだもーちょい即納あるっぽいので、

 

即欲しい人はお早めにお問い合わせを…( `ε´)ノ

 

 

 

 

つづいてSHERCO、、、

 

あ、写真300だ、、、けど置いといて、

 

SEF-R250がやはりSHERCOで一番ウリかなーと思います。

 

世間的な話題は今125ですが、、

 

 

なんと言っても軽い。

 

4st250最軽量っぷりは健在で、セル付き2st250くらい軽い。

 

マイルドで乗りやすく、かつ静粛性にも優れたエンジンは、

 

「扱い易い4stが良いけど、2stくらい軽いのが良い!」っていう

 

ワガママオフローダーにジャストフィットかと、、。

 

 

あとはサスが良い。

 

さすがWPサスペンションって感じで、KYBとタメ張りますね、やはり。

 

 

 

4stでナンバーつけて山遊びがしたい!!って人にも一番オススメっすね。

 

FXでそうしちゃってる人もチラチラ見受けられますけど、

 

あの爆音で野山を駆け回るのは如何なモノかと、、、。

 

 

 

価格高いイメージが未だにあるSHERCOですが、

 

昨年モデルから大幅な価格改定で、250は税抜1,098,000円。

 

KTMで言えばSIXDAYSが1,260,000円、

 

スタンダードでも1,110,000円…、、、

 

むしろ安いほうっすね( `ε´)ノ

 

 

 

 

 

 

SE-R125は今話題の2st125…。

 

原付ナンバーで維持費がムチャンコ安く、

 

HTDEなどで走らせる為にナンバー維持しとくのも容易。

 

低速重視のデロデロ…っていうよりは結構パワフルなので、

 

125でレースしたい人にオススメ…なイキフンですかね。

 

ただ、今年モデルはもう生産終了しちゃったのかなー、、

 

来期はぜひ候補に入れて頂きたい車両っすね( `ε´)ノ

 

 

 

 

そして今年一番話題なGASGAS…( `ε´)ノ

 

EC300は以前にも乗りましたが、KYBサスがホント良い。

 

サスがKYBになったのはかなり大きなポイントっすね。

 

フラットに盛り上がるトルクもヒジョーに扱い易いのにパワフル。

 

エンジン、シャシー共にJNCCなどのエンデューロに向いてます。

 

 

ちなみに今回のGASGASブースの300は前後サスが25mmローダウンされた車両でした。

 

これがまたヒジョーに良かった。

 

ネックはYAMAHA同様車格の大柄さだったんですが、

 

これにより足着き性も全く問題なくなり、さらに低重心なので安定感も◎。

 

んで、やはり高性能なKYBサス…ローダウンしても全然性能の低下を感じないっす。

 

300を怖くなく、振り回せる仕様で良いマシンだなぁ〜と感じました。

 

 

250もかなり良いんですが、

 

ナンバーいらないなら300っすね、コレも。

 

 

 

あとはホント、信頼性をアピールするために、

 

サポートライダーでもつけてガンガン走って、

 

その耐久性をアピール出来れば売れると思うんすけどねぇ〜。

 

 

 

 

他、KTM、Husq、TMなども来てまして、

 

KTMの250EXC-TPIのSIXDAYSは良かったっすね。

 

4CSな足回りは初期が物凄く柔らかく好みでした。

 

外車勢で足が良いのはGASGASのKYBとSIXDAYSかなぁ。

 

 

HusqのFE250はフラットで乗りやすく、SEF-R250みたいな印象を受けました。

 

排気音も静かで疲れにくいし、、、そんなトコも似てるかも。

 

 

TMは昨年乗ったときと同じ印象。

 

レスポンス良くパワフルで、国産モトクロッサーベースなエンデューロモデルに近い印象でした。

 

 

 

などなど、、、長すぎて疲れてきちゃったので段々説明が短くなってきた気がしますが、

 

ナニ買おうか迷ってる人はぜひ和田屋にご来店頂きご相談下さい。

 

どの車両もヒジョーに魅力的ですが細かく色々違います。

 

マシン性能だけでなく、アフターパーツの違いだったり、部品供給だったり、

 

モデファイのしやすさなどなどなど、、、

 

レベル、用途などのニーズに合わせて、アドバイス出来ると思います:・(`▽´)・:

 

 

 

 

 

んで、この日はまたまた恒例のエキシビジョンレースがお昼休みにありまして、

 

毎年出てましたけど今年はFXもなくなっちゃったのでお休み…高みの見物です。

 

人口セクションが見物なエキシなんですが、

 

人工物は2stでやるとチャンバーがアレするのがイヤなんすよねぇ。

 

 

昨年もお金払ってエントリーして、見せ物になって、バイク壊してお金かかった感がありますし、

 

出てる面子がエグいので上位入賞も難しいですし、、、

 

サポートなどに回っておりました。

 

 

 

 

そんな和田ぽんFXを受け継いだJJは果敢にも(無謀にも?)エントリー。

 

猪街道を通っていく下のほうから本コースに戻る直登で身体が遅れてしまいました。

 

あわやバイクから振り落とされてしまうと思ったその時でございます。

 

 

 

 

 

まるで宇宙空間であるかのように、J塚の身体とFXの車体が浮かび上がり、

 

ふわり、ふわり、と寸刻そのまま停滞しておりまして、

 

これは一体どういう事態かと思慮しておりましたところ、

 

次第にゆっくり、天高く、天高く空へとのぼっていかれました。

 

 

 

 

 

 

 

その後、彼の姿を見た者はだ〜れもおりません、、、

 

おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM