トライアル月間!( `ε´)ノ

  • 2018.01.27 Saturday
  • 13:29

 

和田屋トライアル部のハナシ、、、

 

 

 

 

 

 

お店のフェイスブックにはアップしてたと思いますが、

 

このブログにあげてたかどーか、、、忘れましたがw

 

昨年頭に、なんとトライアル車を買いました。

 

ヤフオクでwww


2012年式 EVO2T300

 

素人のくせに最大排気量買っちゃって失敗するパテーン!?

 

って気もしますが、一昨年のBETA祭りで色々試乗した結果、、、

 

本気でやるなら125ccを買ってしっかりしたボディアクションなどを

 

身に着けるべきじゃないかと思ったものの、、、

 

 

 

エンデューロ競技がメインなので、トラは若干カジる程度で、、、

 

ボディアクションじゃなくてパワーで簡単にフロント上げられそうとか、

 

とりあえずヒルクライム的セクションは簡単そう、とか、、、

 

上昇志向低めな理由で250を探してました。

 

そしたらお手ごろな300が出たのでうっかりポチリ、、、

 

晴れてBETAオーナーとなりましたw

 

 

エンデューロコースに持ってったりもするでしょうから、

 

どーせなら300にしとけばヒルクライムとかも得意そうだし、、

 

結果、まんまとエンデューロコースをコレで走っちゃう事も多かったので正解かなー。

 

コース走っても意外と速いんすよ、トライアルバイク。

 

ハイスピードでデカめのギャップに突っ込むと手首痛いっすけど。

 

使い方間違ってるな〜〜って思う。

 

 

 

 

で、そんなEVO2T。

 

まずは買ってからやった色々を、、、

 

購入当時からアルマイトパーツが結構ついてたりして、

 

特にこれ以上イジるトコロはあんまりなさそーだなーと、、

 

ハンドル周りを少々いじったくらい。

 

レバーを力造の可倒式(グリーン!)にして、

 

バーエンドもCYCRAのプラスチックのグリーンにして、

 

グリップはdominoの赤迷彩なアレなヤツにして、

 

なんとなーくイタリアンカラーを狙ってみました。

 

 

 

と思ったらなんか'18モデルのEVOのFactoryが、

 

青率高めでムチャンコかっこよい!!

 

こりゃーフェンダー注文して青くしてやるぜ!!って思ったけど、

 

まだ部品の入荷はしてないようなので見送りました、、、w

 

 

土偶さん、青フェンダー入ったら教えてください…m(_ _)m

 

 

 

 

 

フロントフォークにはカーボンガードがついてました。

 

いやー、色々お買い得だった。

 

てゆーかコレないと岩場でコケてそっこーインチューに

 

ガリ傷作りそうなので必須な気がします。

 

ただタイラップ留めだけなので、たまに飛んでいきそう…。

 

んで、飛んでっても自分のとわかるように和田屋ステッカー貼りまして、

 

フォークは漏れてたのでSKFフォークシールでオーバーホール。

 

なかなかシンプルな造りのフロントフォークでした。

 

さすがトライアルバイク。

 

 

 

買った当初はちょっとブン回すとオーバーヒートする症状がありまして、

 

キャブばらしたらジェットがかなり絞られてた。

 

前のオーナーさんの好みかな?

 

ジェッティングをノーマルに戻して、

 

プラグも5番がついてたから7番に戻して、

 

で、オーバーヒートは直ったのでヨシヨシ。

 

今は6番と7番使い分けてます。

 

 

 

ワイヤーがカウル内に収まるトコロにラバーのダクトがあるんすけど、

 

コレがハンドル切るとすぐ外れる、、、

 

ボクのだけ?EVO全部に起こる症状??

 

構造的にそんな強くハマッてないので、全車なりそーな気がします。

 

とりあえず穴開けてタイラップで固定して以来だいじょーぶ。

 

 

 

 

で、エンデューロバイクと一緒にコイツもEDコースに持っていって、

 

最後に広場でちょっとトライアルの練習、、、

 

みたいな事をしてたんですが、たまにコースインして盛り上がってしまうので、

 

そんな時、調子コイて空気圧0.5とかで飛ばしてパンクしそーだなーと走行中不安。

 

なので、フロントにTublissとか入れてみましたw

 

トライアル的には邪道なのかもっすけど、

 

これで不意にコースインしたくなってもダイジョーブ♪♪

 

ヘビーチューブよりは軽いし。

 

 

 

 

 

 

 

 

とかやってたら先日成田でブン回しすぎて

 

サイレンサー内のグラスウールが燃えた、、w

 

やっぱトライアル車はトライアルに使わないとダメだな、、て思った。

 

 

 

 

 

 

あと性能面でどうこう言うほど乗れてないので、

 

とくにイジりたいパーツってのもなかったんですが、

 

このステップはトリンバ走っててもソッコーで泥詰まりするので、

 

もうちょっと排泥性の良いステップにしたいなぁ、、と思う今日この頃、、、

 

フェンダー青くしたら青いステップにしよーかなー、、とかも思ってたり、、、

 

 

 

 

 

 

そんなエセトライアルライフをちゃんと楽しみ始めたのが、、、年末からw

 

買って数回乗ったものの、やっぱエンデューロの練習が忙しくて乗れませんでした。

 

買ってから一年でホント数回しか乗ってなかったw

 

トライアルブーツもガエルネの良いヤツ買ったのに、、( `ε´)

 

 

 

んが、、、

 

 

年末のBeta祭りに久々にトライアル車をひっぱり出してきまして、

 

スクール受けてたらちょっと乗り方がわかったような気がしまして、、、

 

さらにその日の午後に、セローおじさんとか白井で有名な人々について、

 

白井散策の旅に出かけまして、、、

 

セローおじさんにトラクションのかけ方などを教わってたら、

 

なんだか、ちょっとトライアル車の乗り方がわかってきちゃった感じの

 

勘違いをちょっとしちゃったりして楽しくなってきちゃったりした、、、

 

 

 

 

 

 

 

どーせ12月からはエンデューロレースもオフシーズンですし、

 

ちょっと1ヶ月くらいトライアル車に乗ってようかなー、、、と。

 

トリンバとかに行ってトライアル練習。

 

 

 

普段エンデューロバイク乗ってても90%シッティングで乗っているワタクシは、

 

スタンディングオンリーで乗らないといけないトライアルはマジで未知の領域。

 

フロントアップすら1ミクロンマイクロメーターも上がらない状況でした。

 

なによりあまりのスタンディング出来なさに、3分くらいで腰が激痛になるという、

 

ウルトラまんコスモスくらいの活動時間しかない有様、、、(;´д` )

 

が、ベ祭(Beta Offroad Party)でのスクールなどに参加したりしたおかげで、

 

ステンディングで腰が痛くなるコトはなくなりーの、

 

フロントもあげられるよーになり、

 

なんとか単発の小さいステアくらいは越えられるように、、、。

 

 

 

逆にヒルクライム中の丸太とかは、エンデューロの技術と似たモノがあるので、

 

エンデューロ→トライアルなライダーは得意なんじゃないかと思いました。

 

ソレは結構イケる気がする( `ε´)ノ

 

 

 

そんな感じで短期集中練習を致しまして、、、

 

 

 

 

年明けの1月14日にトリンバで、

 

新春NORINORI大会

 

っつー、ビギナーでも出れるトライアル大会があるので、

 

そこのビギナークラスに標準を絞ってそれまで限定でトライアラーになろうと、、、

 

 

 

 

 

 

走り納めの成田でも、走り初めの猿ヶ島でもトライアル車乗ってまして、、、

 

 

 

 

 

 

 

来ました!トリンバ!!( `ε´)ノ

 

新春NORINORI大会っす( `ε´)ノ( `ε´)ノ

 

オフ車で走るクラスもあるので、10人くらいチーム員集まったw

 

ま、この時期他にレースもあまりないですしね。

 

 

和田屋トライアル部、本格始動っす( `ε´)ノ

 

ちなみに現在の和田屋トライアル部の部員は、、、

 

部長

和田ぽん(EVO2T300)

 

福部長(副ではないw)

ヒデちゃん(RTL260F、TL125改200)

 

部員

モイチさん (OSSAの2スト、車名知らんw)

タギパパ (APRILIA、くらいまー240R)

宴会部長代理補佐N島氏 (RTL250R)

 

幽霊部員

オカニー (RTL250R)

コマさん (なんか電動のヤツ、OSET)

 

顧問

かピロッシさん(トライアルIB)

 

以上7名+顧問の、トライアル車を持っているだけっていう、

 

トライアルはド素人(顧問除く)で構成されておりますww

(誰か忘れてないかな、、w)

 

 

 

とはいえ、今回トライアル車でトライアルクラスにエントリーしたのは、

 

和田ぽん、ヒデちゃん、モイチさんの3名のみw

 

 

新春NORINORIにはオフロードバイクで参加できる、

 

「チャレンジクラス」と「アタッククラス」があり、

 

和田屋な仲間達は主にソッチのほうにいっぱい参加しました。

 

 

 

 

主催でトリンバ代表のT橋さんのご好意で、

 

「オフ組、トラ組問わず、和田屋でまとまって回っていいよ!」

 

ってコトで、和田屋&ライライのシュガさん、レース仲間のメガネ君、

 

あと偶然お会いしたお友達のトライアルライダーのA齋さんと計12名の大所帯にw

 

セクションでバッティングしてお待たせしてしまった方々、申し訳ありませ以下略。

 

 

 

 

 

 

 

そんじゃ行くっぺよ〜、、って平和に移動にしていく様は、

 

オンタイムなJECの雰囲気に近いかも、っすね。

 

ビギナー向けお遊びイベントなので、もっともっとユルイ雰囲気ですがw

 

 

 

 

 

 

 

んで、セクションについたらザッと下見して、一人ずつ走行。

 

今回はセクションが8つありまして、それを2回ずつの計16回走行。

 

「8セク×2ラップ」っていうみたいっすね、トライアル的には。

 

 

 

ボクが現在知るトライアルのルールは、、、

 

○決めれらたルート内(マーカーの間)をすべて通過する。(赤が右で青が左はEDと一緒)

 

○セクション内で足を付くと、付く度に減点1。

(地面から足が離れるまでが1回の足付きとカウント)

 

○足付き減点の累積は1セクションにつき3点までで、以降は累積されず3点のまま。

 

○エンストした状態で足をついたら5点減点。

 

○バイクに跨ってない状態で両足ついたら5点。

 

○転倒(バーエンドが地面に接触したら)5点。

 

○岩や木などに体が触れたら5点。

 

○バイクがマーカーに触れたら5点

 

○一度通ったラインとクロスするラインを走行したら5点。

 

○バックしたら5点。

 

○マーカーの間を通過しなかったら5点。

 

○5点喰らったらそのセクションは強制終了。

 

 

間違ってるトコロもあるかもっすけどそんな感じっすねぇ。

 

要は一度も足付かないでセクションをクリアするのが理想。

 

足は3回付いちゃったらもう何回ついても変わらないので、

 

転倒して5点喰らうよりはマシ。

 

とりあえずそんだけ覚えておけばなんとなくは出来るのかな、、、とw

 

 

 

 

 

 

希少なマシン?、OSSAのモイチさん。

 

このOSSA、なかなか独創的なエンジンレイアウトでシビれましたねぇ〜。

 

 

 

 

 

ブッ太いアンダーフレームに見えるよーなOSSAのロゴが入ってるアルミの箱がフューエルタンク。

 

そのすぐ裏側にマサカのエアクリーナーBOXがあり、その下にスロットルボディ、、

 

2stインジェクションか!!w(°o°)w

 

結構前の年代の車両なので、KTMより全然速い2stのFI化だったんすねぇ〜。

 

んで、そんな小ぶりなスロットルボディがケースリードでエンジンにセット。

 

エアBOX&スロットルボディの後ろにやっとラジエターとファンがきまして、

 

さらにその後方、、もう車体中心くらいの位置にかなり後傾にセットされたシリンダー。

 

んで、そこから後方排気でチャンバーが延びるっていう、、、独創的すぎるレイアウト。

 

 

 

ただ、シリンダーがこんな車体中心に寄ってるからか、

 

バランスの良さはピカイチな印象でした。

 

スタンディングスティルがヒジョーにやりやすい、、、

 

立っただけでマスの集中を感じれるスゴイマシンでした。

 

 

でもOSSAってもうなくなったんでしたっけ?w

 

 

 

 

 

そんな変り種OSSAとは逆に、

 

王道トライアルマシンなHRC「RTL260F」を駆るヒデちゃん。

 

ジーパン&トラブーツがカッチョ良いのでマネしよーと思い、

 

大会中にその場でポチって同じの買ったのはナイショ。

 

 

和田屋トライアル部員同士のバトルは、ヒデちゃんのほうが成績良かったのでw

 

福部長はヒデちゃんに決定しましたwww

 

なんとなく「福」の字にしてみた。

 

 

 

 

 

 

 

そんなトライアルコースをエンデューロバイクで走ろうというイカレたメンツは、、

 

 

 

乗り安そうな2st150で出てたまーくん。

 

ここはKX-Fでスコッ!!っとエンスト見せて欲しかった( `ε´)ノ

 

 

 

 

 

 

クライマーで出ようかと思ったけど、

 

エンデューロ組のTミツさんが寂しがるから、、とセローで出たタギパパさん。

 

結果エンデューロのほうが多かったのでトラ車で出て欲しかったw

 

 

 

コレは4mくらいな一本の丸太の上を渡りきらないといけないセクションで、

 

落ちたら5点、渡りきったらクリーン(0点)の特殊なセクション。

 

オフロードバイクならまだしも、トライアル車では渡れる気がしませんでした(;´д` )

 

フワっと前輪を乗せ、抜重しながらスッと乗せる技術がないとトラ車ではキツイっす。

 

このセクションは2回とも5点満点(減点が)だったのでゲンナリでした。

 

 

 

 

 

最近ミニモトで色々する事に情熱をかけるミオミオ。

 

足付きはMAX3点までというルールをよく理解していて、

 

ムリに狙って転倒して5点、、てのが少なかったのが印象的。

 

そのオカゲもありーの、チャレンジクラスで4位という好成績でした。

 

 

 

 

 

対して5点満点(減点)のオンパレードだったコマさんw

 

ルートミスも連発するという不思議っぷりで、

 

1ラップ目はすべてのセクションで5点満点(減点)という40点満点!(減点が)

 

楽しむ事のみに重きを置くそのスタイル、、、さすがです。

 

 

 

 

 

 

ちょっとトライアルをカジっていたコトがあるTミツさんはさすがのマシンコントロールでした。

 

が、誰よりもアタックなラインを攻めていたので、

 

結果は5点を連発してましたが、誰より正しい楽しみ方だったんじゃねーかと思う。

 

こないだHONDAエンジンに換装したAJPでエントリー。

 

 

 

 

 

 

エンデューロバイクでこのバランスの取り方、、、そしてそこから持ち直す!

 

さすがトライアルIBの、かピロッシさん。

 

X-Trainerとはいえ、動きが完全にトライアルマシンでした。

 

 

 

かなりアタックなラインを攻めていたにもかかわらず、

 

アタッククラス優勝という快挙、、、コレはマネできねー( `ε´)

 

 

 

 

 

 

豪快だったメガネ君。

 

丸太を数本ジャンプで飛びきるという、、、

 

トライアルセクションをモトクロス的な技術でクリアした漢、、、

 

「メガネキャラ=地味キャラ」という世論を覆す派手派手ライディングでした。

 

さすがクロスカップのトップ陣…(´д` )

 

 

 

 

 

そんな中、和田屋トライアル部初代部長を務めるワタクシめ和田ぽんは、、、

 

 

 

 

 

右の急なステアは迂回し、端の小さめステアを堅実なフロントアップで乗り越えーの、

 

 

 

 

 

 

 

眼前のガレ山には目もくれず、着地後のタイトターンでガレ山を迂回、、、

 

派手さとは179度違う、対極の堅実ライディング。

 

 

まあ、トライアルのビギナーは写真で見ると地味すぎるので、、、、

 

 

 

 

 

 

 

いや、動画で見ても地味すぎる、、、

 

 

 

 

 

 

 

そんな堅実すぎるルート取りでビギナークラス準優勝!!( `ε´)ノ

 

 

がびーーーん、、、(;´д` )

 

目標はビギナークラス優勝だったんすけどもーーー

 

 

敗因は1本橋っすね、、、アレで5点×2で10点すからねー。

 

他は1点なセクションが2つありまして計12点。

 

 

1位の人は7点、、、一度1本橋をクリーンした分の差で負けますた、、、

 

聞けば元トライアルIBの人みたい、、、なぜビギナークラスに、、、(;´д` )

 

 

 

 

 

かピロッシさんはアタッククラス優勝!!がーさす!!

 

2位はセローおじさんで3位がなんとシュガさんという金星。

 

成田祭りでもそうでしたけど、人工物なセクションも得意そうなシュガさん。

 

 

 

 

 

まあ、とにかくゆるーーーい雰囲気で楽しませて頂いたトリンバでした。

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなでハマりかけたトライアル競技ですが、、

 

これ以上の大会に出るには大きな壁が2,3コある気がします、スキル上の。

 

 

まず基本にして最大の難関が「スタンディングスティルが出来ない」、、

 

やはりトライアルをやるにはピタッとその場で止まれるのは必須ですね。

 

じゃないと、一個越えたあとの次に間に合わない。

 

勢いで行かないといけなくなっちゃうので、止まって整えられないと、、。

 

 

 

和田ぽん的、最大の難関はホッピングですかねー、、リアホップ&フロントホップ。

 

その場でピョンピョン跳ねて向きを変えるヤツ。

 

上級セクションではソレ出来ないと曲がれない、、とか、

 

難しいステアに対して正面向けない、、とかあるから、

 

ビギナー向けセクション以外では出来ないと話にならない、、て感じですが、、、

 

先述のスタンディングスティルがまず出来ないと、

 

リアホップ、フロントホップなんてその先なので、、、

 

壁が分厚いなぁ〜、、、、(;´д` )

 

 

 

あとは、ホップやスティルほど無理ゲー感漂う壁って程じゃないんですが、

 

クリア出来そうな現実的な課題として、、、

 

もうちょっと「ゆっくり」二度吹かし出来たほうがいーかなー、、と。

 

この二度吹かしはハード系でも役に立ちそうなので要練習っすね。

 

 

 

あとはクラッチ操作、、、

 

トライアルでは人差し指1本での操作が基本だそーですが、

 

人差し指だとすぐ疲れるんすけど、、、(;´д` )

 

なのでどーしても中指1本でやってしまいます。

 

現状、そっちのほうがやりやすいですし、、、、

 

 

なので、、、、

 

 

使わなくなってたニギニギマシーンがあったので、

 

それをトライアル用、人差し指クラッチ養成ニギニギに加工。

 

 

 

 

人差し指で握りこめる仕様っす。

 

ま、3日でゴミ箱行きになる可能性64%。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レース後は顧問のかピロッシ先生にハンドル&レバーポジションのいろはを教えてもらって、

 

さらにトライアルのサスペンションセッティングの諸々も聞いた。

 

こないだちょっと自分なりにサスをやや固めて乗りやすくなった気がする、、、

 

 

 

トライアルはまだ10回乗ったかどーかっていうビギナーですが、

 

さすがにエンデューロでの経験があるので、

 

大会に出てみた感じ、単発ステアやヒルクライムっぽい動きは、

 

トライアルから始めたビギナーさんに比べれば、

 

一応はエンデューロIBなワタクシめにも一日の長がある感じがする、、。

 

 

なので、スタンディングスティルとその場のホップで向きを変えるコトが出来れば、

 

「ぼちぼちトライアルやってる人」っぽい動きにはなれんじゃないかなーと。

 

 

ただその「その場で向きを変えるコトが出来れば、、」ってトコが

 

モノスゴイ高い壁がある気がするんすよねーーーー、、

 

ただ、本当のトライアル競技としての面白さは、

 

それが出来てから一気に広がる気がする、、、

 

 

 

 

それが分かってきたトコロで、今期のオフシーズンのトライアルは一旦終了、、

 

最終目標は、、、

 

「今のうちにトライアルをカジっておいて、エンデューロが体力的に厳しくなったあとの

 

老後の楽しみとしてトライアルが出来るようになっとく、、」

 

 

 

というコトなので、来週からはエンデューロ練習に復帰します、、、

 

まだ今年一度もエンデューロバイク乗ってない、、、www

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM