大人のミニモトカスタマイズ( `ε´)ノ

  • 2018.02.17 Saturday
  • 17:39

第2話予定だった「ブロンコにセローの足回りでセロンコだ!の巻」

 

は諸般の事情により第3話以降に放送予定になりまして、、、

 

第2話「大人のミニモトカスタム」に内容を変更してお送りします。

 

 

 

 

 

 

 

ミニモト!!( `ε´)ノ

 

と、ヒトクチに言っても色々あると思いますが、、、

 

.チのミニモト…CRF50FとかKLX110とか、10〜14インチくらいの小さいの。

 

▲侫.鵐薀ぅ疋泪轡鹽な…CRF100FとかTT-R125とかF19R16インチの4st。

 

6サ司向にガチのミニモト…いわゆる85クラス。ミニモトクロッサー。

 

そんな大別ですかね。

 

いや、ミニモトっつったら,里澆世蹇!とか、

 

人によって感覚とゆーか、呼び名の違いが色々あると思いますが、、、

 

 

 

まず,離潺縫皀函◆◆

 

コレは元和田ぽん号で激安中華部品をかき集めて半ばシャレで作ったヤツ、、

 

環七のオーバーパスの下りを全開で下ってたらクランクシャフトが折れ、

 

バルブも曲がってピストンもゴシャッったのも今となっては良い思ひ出ですねハイ。

 

ほんとーに瞬殺でしたね中華エンジン。

 

慣らしを終えて全開にした瞬間壊れましたねー。

 

その後ヤフオクで買ったHONDAエンジン積んでからは快適でした。

 

 

 

まー、部品も小さくて(フルサイズに比べて)安価なパーツで、

 

フレームやらサスやらエンジンやら、色々カスタム楽しんじゃうよ的な、

 

乗るよりイジる楽しみのほうが強い人もいるんじゃねーかってのが、

 

この,離潺縫皀箸離テゴリーの特徴っすかね。

 

 

マニュアルクラッチキットとかボアアップに留まらず、

 

ヘッドチューンのパーツとかも多いっすかね。

 

これぞミニモトカスタマイズ、、って感じ。

 

 

 

でも元々が幼児用だったりもするので、

 

大人がちゃんと走るにはカスタムが必須な箇所も多く、、、

 

そこまでイジりたくない人にはマイナス要素、、、

 

KLX110Lとかだとそこまでイジらんでオケーですが、、

 

 

 

あとはイジったトコロで、フルサイズと混走な本格レースはキツイ。

 

仲間内みんなミニモトでワンメイク的なレースすると面白いんすけどね。

 

走れる人のセカンドお遊びバイクとしてもアリなヤツです。

 

 

 

 

んで、、、

 

 

飛ばしてのミニモトはこの85クラス。

 

元々はキッズモトクロス用のマシンで、

 

小さいながらも各部の仕様は本気。

 

エンジンもピーキーでサスもストロークが長く、

 

そんなに足つきが良いってコトもない、、

 

 

ただ、ポジションなどにちょっと手を加えるだけで、

 

フルサイズよりお手軽なお遊びマシンになりーの、

 

しかもパワー勝負なレイアウトじゃなければ、

 

フルサイズ相手でも勝負できる、、、

 

,鉾罎戮襪肇灰奪舛牢袷瓦望茲辰導擇靴爛テゴリー、、、

 

 

 

 

で、、、、

 

 

 

今回は△離侫.鵐薀ぅ疋泪轡鵑噺世錣譴襦屮潺縫皀函廚里話。

 

このファンライドマシンってのは、和田ぽん的には、、、

 

○フロント19インチ、リア16インチ。

 

○サス性能より足着き重視なサスペンション。

 

○トレール的なマイルドで頑丈な4stエンジン(100ccちょいちょいくらいまで)

 

そんなマシン。

 

メーカー別、車種別に、あくまで個人的な主観です的なアレで解説すると、、、

 

HONDA

 

XR100R…スペック的にはCRF100Fと同等。見た目が古臭い。あれば安いのが魅力。

 

CRF100F…クラス最軽量!?車格も一番小さいか。排気量も小さいけど軽量なのもあり(HONDAエンジンの優秀さもあり?)、かなり意外なほどトコトコよく登る。タマ数もこのクラスにしてはそこそこだが市場の中古価格が高値安定で、新車価格と年式と照らし合わせると若干高めで中古のお得感は少ない。人気の表れっちゃそーなんすけど。

 

CRF125F…100Fのモデルチェンジ。セルがついたのは人によってはメリットだが、いらない人にとっては重量増。とくに非力な100ccにとっては差が大きく、乗れる人が乗るとCRF100Fより走らないイメージ。フロントディスクブレーキなのは良い。新車で買えるのもメリット。

 

 

YAMAHA

TT-R125LW/LWE…LWはキックのみ。LWEはセル付き。国内では’03までがLWで’04からがLWEだが、海外では’04以降もLWとLWEが併売されてたっぽい。’08くらいから外装がフルチェンジし、見た目がかなり今風になったが新型の国内流通はかなり少ない。CRF100Fより気持ち大柄で、フレーム足回りもしっかりしてる感じがする。エンジンもトコトコなトルク感はCRFに譲るものの、回すと意外と走るのねーこのエンジンって感じ。CRFよりは少ないイメージだが、タマ数もこのクラスにしてはあるほう。

 

 

SUZUKI

DR-Z125L…通には一番人気なモデル?TT-R同様車格がしっかりしていて、後発モデルだけに初期型でも結構かっこいい。エンジンも元気な気がする。難点はタマ数がめっさ少ない。少ないくせにニッチな人気があるのであったら買い。国内正規ではないので部品の入手が微妙。でもSUZUKIは割と部品出してくれるイメージw

 

KAWASAKI

 

KLX125…この中では唯一の公道用トレール車。タマ数は豊富。みんなの予想より良く走り(知らんけど)、さらにフルエキ交換とFサススプリング交換で意外なほど走れるバイクになったのは良い思い出。当然ナンバー取得が可能で通勤通学もオーケー。難点は重い事。バイク全体で見たら軽い部類だけど、ミニモトファンライドマシンとしては破格の重量。エンジンも高回転型で低速トルクは薄く、重量も相まって難所やゲロゲロマディでは死ねる。ナンバーがいらないならコレじゃない。でもホント意外な程走るからナシじゃない。アリよりのナシ。

 

KLX140L…一番最後発。排気量もクラス最大でパワフル、、なのかどーかは乗った事ないから知らん。でも見た感じスイングアームもアルミだし、クラス唯一の前後ディスクブレーキと、結構装備はしっかりしてる感じがする。排気量分パワーはありそうだがKLX125ベースっぽいE/g腰下が重そうでパワーウェイトレシオ的には他車種とイーブン?…イーブンなら軽さに分があるDR-Zとかのがやはり一番走る、、のか?って感じ。これも国内正規ではないし、KAWASAKIは意外に部品出してくれないので、部品がSUZUKIより微妙。まあこのご時勢インターネット駆使すれば何とかなると思いますけども。そんな感じでパッと見は良さそうに見えるけど、よーく考えると違うか?って印象。これまたアリよりのナシ。KAWASAKIフリークにのみオススメ。

 

 

 

各車種別の和田ぽん的独断と偏見による解説はそんなトコロで、、、

 

それぞれ特徴ありますが一番オススメなのは、、、TT-R125ですかね。

 

 

DR-Zはタマ数が少なすぎるのでアレですし、、

 

CRFは前後ドラムってのがマイナス、、、レバーも変えれませんし。

 

大人が乗るのにまともな車格とタマ数と、、

 

アフターパーツもソコソコでイジる楽しみもありーの、、、

 

って点でTT-R125がイチオシです。

 

LWかLWEはお好みで、、、ってトコすかね。

 

 

 

そんなTT-R125LWを買ってきまして、今回はソレのカスタムのお話、、

 

キックは気合で、、、軽量さを優先してLWにしました。

 

調子悪いので安く買えたんで、とりあえず修理。

 

どーせキャブだろ!?ってキャブバラしたら、

 

エアジェットを付け間違えてたり、メインジェットの傘の位置が違ってたり、

 

組み替えるだけで直りました♪

 

キャブが腐ってたワケじゃないけど、部品ゼロで直ったのは目算どおり♪♪

 

 

 

んで、まずはアンコ抜きされてたシートのフォーム交換。

 

MooseRacingのハイシートフォームにFXの汎用カバーでシート作製。

 

ヒザの曲がりがだいぶマシになり、シッティング時の窮屈さが減ります。

 

スタンディングへの以降もスムーズで楽になります。

 

 

 

 

 

ハンドルはナントカ工房のファーマウントキットとかあったなぁ、、と調べてると、

 

ZETAがオフセット&アップなスペーサー出してましたんでソレで、、、。

 

26mmアップになり、20mm前方にオフセット…

 

…しようとしたらチョークバルブが邪魔で、コイツはちょっと前方に移設しましたw

 

さらにレンサルのちょいアップなハンドルに交換しまして、、、

 

 

 

 

 

 

だいぶ大人なポジションになりました。

 

あ、写真はハンドル交換前だった…(;´д` )

 

166cmのボクだと窮屈さはまったくない感じ。

 

オーナーさんはもう15cmくらい大きいですが、まあこれ以上のアップは厳しいので、、w

 

 

 

 

 

 

ステップもワイドに加工、、、純正ベースでワイド加工しました。

 

ステップまるごとより安価に済みます。

 

極力ワダチに引っ掛かりにくいような形状でオーダーして作りました。

 

 

 

 

 

 

シフトペダルも交換。

 

セローとかもそうですが、この手のロッドを介したシフトは、

 

転倒するとロッドが突っかかって操作不能になる事もあり、

 

ハードに使うなら交換必須な箇所。

 

 

 

 

 

 

トライアルパーツとして出てたTY125Fかなんかのシフトペダルが良い感じでした。

 

トライアルパーツで有名なMITANIさんより購入。

 

 

 

 

 

 

ハンドガードはプラスチックガードでいくので、

 

レバー対策は必須。

 

最も折れにくいARCレバーをチョイス。

 

ARCレバーは結構長く、軽い操作になるようなレバー比になっているので、

 

ピボットレバーとかに比べ軽い操作フィーリングになるのも魅力。

 

まあ、TT-R自体クラッチ軽いですけどね、最初から。

 

 

 

 

 

 

 

 

TT-Rのブレーキマスターは他車種であまり使用してないマスターなので、

 

ブレーキ側はARCはもちろん、可倒式レバーなどの適合もありませんでした、、、

 

なのでマスターごと交換してARC。

 

どうせならバンジョーが後方から出てるCRFマスターにしました。

 

破損率がグッと下がります。

 

ブレーキホースも合わせてCRF150R用にしました。

 

 

 

 

 

 

前後リムはちょっと値が張りますけどアルミリムに交換。

 

純正の鉄リムはメッキのせいか低圧で走るとチューブがズレやすいんですよね。

 

長丁場のレースではズレまくってバルブ破損が心配になるレベル。

 

KLX125でも必須パーツでした。

 

ファンライドマシンはコストカットが随所に見られるので、

 

CRFとかも鉄リムっすね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高いとはいえ、Z-WHEELのオカゲでかなり安価に張り替えられるようになった。

 

ダーフリさまさまっすね( `ε´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

そして…

 

 

 

「オレにオマカセって言うと余計なコトするぜ!?」シリーズ第一弾。

 

アルミスイングアームに交換w

 

LWとLWEの違いはセルの有無が最も大きな違いですが、

 

スイングアームがアルミだったり、リアサスがリザーブタンク付きだったり、

 

地味に変更があります。

 

リザーブタンク付きリアサスにも惹かれますが、タンクあったって所詮TT-Rサスでしょ?

 

実際性能なんて大差ないんじゃねーのーー??っていう気がして見送り。

 

どなたかLWとLWEのサスの違いを体感したナマの声をお持ちでしたら叫んで下さい。

 

かならずボクの胸に響くはずです。

 

 

 

でもスイングアームは確実に軽量化に貢献すんべぇ〜( `ε´)ノっつって、、、

 

あと鉄スイングアームだとLWEに負けた感がある( `ε´)ノ

 

ヤフオクで安かったのもありーの、、、

 

チェーンスライダーは鉄とアルミで違うらしいとのネット情報だったんで、

 

スライダー付きだったのもプラス。

 

アクスル部分がアルミのほうが分厚いので、アクスルシャフトの長さも違います。

 

ヤフオク中古ならアクスルも付属してるとなおベスト。

 

 

 

 

 

 

で、ポン付け。

 

チェーンガードのステーは落としてしまおうか迷いましたが、

 

とりあえずチェーンガードごと付けとくコトにした。

 

今後様子見て、泥詰まりしたりソッコー破損したりしたら検討しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真のピントは全く合いませんでしたがチェーンガイドをBBR。

 

純正はプラのプレートがプラっと出てるだけなので、

 

ケージタイプっつーか、がっちり囲うタイプのガイドにしないと、

 

ハードな使用してチェーン外れの刑が執行される場合があるので注意。

 

これまた必須パーツですね、はい。

 

 

 

 

 

BBRつながりでアンダーガードも。

 

サブフレーム付きアンダーガードなのか、

 

アンダーガード付きサブフレームなのか、、、後者かな。

 

 

TT-Rのようなダイヤモンドフレームは、腹下はいきなりクランクケースなので、

 

岩にヒットすると大地にオイルをブチまけるコトにもなりかねません。

 

サブフレームによる剛性云々より、腹下を守りたい一心でのパーツチョイスです。

 

あとカッコ良い。

 

目立つサブフレームのオカゲでイジってる感がすごく出る。良い。

 

 

 

 

 

 

そして外装にデカール貼り付けまして、、フルエキ交換( `ε´)ノ

 

FMF FACTORY4.1、、小さくてもFACTORY4.1っす。

 

サイレンサー小さい上に、排気口も大きくストレート構造なので結構な音量。

 

4st250モトクロッサーよりは静かだから良いかなぁー。

 

乗った感じは中高速の伸びが確実に良い。あと軽い。

 

でも若干ですが極低速のトルクが減ったよーなー、、、

 

 

ビギナーオーナーだけに正解だったかと言われると、、、、

 

でもちょっと慣れて回せるようになったらコッチのが良いハズ、、軽いし。

 

 

 

 

エキパイはかなりエンジンに沿うように作られていますが、

 

転倒して挟まれたりするとお気に入りのジャージを溶かしてしまいそうだったので、

 

ノーマルエキパイ用のヒートガードを加工して取り付け。

 

後ろ端を切って短くして、前方を曲げたくらいの小加工でOKでした。

 

取り付けは色々便利なパイプクランプステー。

 

またまたダーフリさまさま、、、。

 

なんとこんなパイプステーにもチタンが出てて驚いたけど、

 

まあさすがにここはステンでいいだろ、、、と、在庫もあったしステンチョイスw

 

 

 

 

 

 

あー、そうそう。

 

FMFに付属してたカラーとボルトは使わなかった。

 

コレでサイレンサーをちょっと外側に出すんですが、コレだとちょっと出しすぎ。

 

 

 

 

 

 

厚めのワッシャーを挟むのみでフレームには当たらないし、

 

張り出しは少ないほうが良いですしねー。

 

 

 

 

 

 

パーツの写真を取り忘れたので交換中の写真、、、

 

フロントフォークスプリング交換。

 

DRCのフォークスプリングを使用しましたが、、、、結構良いコレ。

 

この手のミニモトスプリングって、結構ガッチガチに硬かったりして、

 

確かDR-Z125用のBBRかなんかのハードスプリングはガッチガチで、

 

硬すぎるので片側だけ交換する、、とかあったんですが、

 

このスプリングはなかなか程よい硬さ。

 

 

 

ハイスピードでギャップに突っ込んだ時とか、

 

急なアプローチのヒルクライムに跳ね返されそうな時とか、

 

確実に安定して走れるようになりました。

 

コレはアリ。アリよりのアリ。

 

 

リアサススプリングもセットで検討しましたが、

 

とありあずプリロードを強めにかけたら特に不満はないので、、、、

 

もしかしたら試したら「良い!!」ってのもあるかもしれませんが、

 

オーナーさんの体重も軽いのでリアはノーマルで良いかな、と。

 

 

 

 

ネットでよく見るYZフォーク流用とかはお金もかかるし、

 

リアもやんなきゃだし、結構なカスタムになっちゃいますが、

 

これなら安価で、かつ充分大人が遊べる使用になりました♪♪

 

 

 

 

 

 

 

 

んで、あとは外装、、、

 

最近オキニのポリスポのヘッドライトカウル。安いのが魅力。

 

ヘッドライトは不要なので取り外してカバーを作製。

 

 

 

 

 

 

ホント便利なカイダックでピッタリフィットヘッドライトカバー。

 

この手のパーツには2mmカイダックを使ってます。

 

 

 

 

 

 

 

フロントフェンダーはYZ85LWにして、

 

ハンドガードは軽量なACERBIS「TRIFIT」。

 

グリップはピンクなネオングリップにしまして、、、

 

 

 

 

 

スポークもネオンピンク( `ε´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

んで完成!!( `ε´)ノ

 

とりあえずもうイジるトコロは一通り済んだでしょー!!

 

あとはオーナーさんが慣れて、モアパワーを欲するようになったら、

 

ビッグキャブやボアアップや、、、って感じですかねー。

 

いや、そしたらいっそ乗り換えかなー、、、。

 

 

 

 

扱い切れるパワーと安心感しかない車格で、

 

ノリ気じゃなくても疲れてても路面がバッドでも、

 

とりあえず走る気になるミニモトファンライドマシン、、、

 

 

安価にイジれる楽しさもありーの、、

 

セカンドバイクにオススメです( `ε´)ノ( `ε´)ノ

 

 

 

 

そんなカスタムネタ第2話でした、、、。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM