TE125、整備やカスタム備忘録( `ε´)ノ

  • 2018.12.01 Saturday
  • 16:42

三宅島の事を忘れる前に三宅島レポ!!

 

と、言いたい所ですがその前にTE125の整備記録を、、、

 

プラス、、、そーいえばTE125をあまりネタにしてなかった気がするので、

 

カスタム点なども、、、

 

 

 

’13 HUSABERG TE125

 

今年から乗り始めたこのマシン、、、

 

KTMと合併後のHUSABERGは当時ピットクルー社員だった頃に、

 

社長に言ってピットクルーで契約してもらって販売をはじめ、

 

結構販売出来て嬉しかったっつーか、

 

色々オフロードショップへの手応えを感じたとゆーか、

 

当時トレールバイクを中心に売っていたけど、

 

コレを機にだんだんチーム内(当時はピットクルーTT)もレーサー化が進んでいったっつーか、、

 

 

なかなか思い入れのあるメーカーです。

 

当時のHUSABERG-JAPANさんはこの手のインポーターさんの中でも

 

抜群に対応がよく、パーツストックも豊富でアフターサービスもキッチリしてて、、、

 

外車でもこれなら安心して売っていけるぜ〜!!って思ってたら、

 

HUSQVARNAがさらにKTMと合併してHUSABERGブランドがなくなって

 

KTMとHUSQVARNAブランドになりーの、インポーターが両方KTM-JAPANになりーの、

 

ピットクルーでは取り扱いが出来なくなって涙を飲んだ車種でした。

 

 

 

 

今年の頭にそんな思い入れのある

 

HUSABERGの中古車が入庫しまして(当時ピットクルーで販売したヤツ)、

 

ちょうど125を乗りたいなぁ〜と思っていたのでマイマシンに、、、

 

先日三宅島前に腰上OHしたのを自分用に記録残しておくついでにカスタム内容などを、、

 

 

 

まず、以前から施してあったカスタム。

 

TE250用のファンキットを流用装着。

 

まったく問題なく装着できました。

 

 

 

 

 

 

こないな感じでラジエター本体にステーをリベット留めして装着。

 

TE250と違ってファン用の配線はないのでソコは引っ張ってこないとですが、、、

 

 

 

 

 

 

当時撮った写真が汚くてよくわかんないですが、、、w

 

ホースに水温センサーを噛ませて装着。

 

この辺も250と同じっすね。

 

あ、あとモトクロッサーTC用(とゆーか当時はKTMのSX用)のラジエターホースを使い、

 

サーモスタットは取り外しています。

 

レースには不要なモノ。

 

 

 

 

 

ただ、その水温センサーの作動温度が結構高く、

 

もうちょっと早く作動して欲しいなぁ〜って感じだったので、

 

水温センサーとは別に手動でもスイッチを取り付け。

 

コレは当時のオーナーさんのご要望でウインカースイッチを左にすると付く仕様。

 

今は外してますが、当時はヘッドライトついてたから余ってるスイッチがココしかないっていうw

 

今後HTDEなどで保安部品つけることも考えると、スイッチは別に移設したいけど、

 

今はまだメンドイのでそのまま、、、

 

 

この手元のスイッチをポチるとファンが作動しますが、

 

入れ忘れてても水温センサーが作動して吹く前にはファンが動く仕様。

 

 

 

 

 

 

和田ぽん的必須のPHDSも装着してあったのですが、

 

ラバーが硬化してパキパキだったので交換。

 

交換ついでにソフトのグリーンなラバーにしました。

 

和田ぽん的にはソフトが好み。

 

FXもKXもそうしてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んで、代々のマシンに移植し続けているSSPも装着。

 

ステダン的な効果があります。

 

必須ってワケでもないけど、あったらあったで良い方向に体感出来るので、

 

とりあえず毎回つけてますね。

 

 

 

ついでにサスペンションセットですが、、、

 

購入時は前後共にソフトスプリングがついてました。

 

が、走行したらフニャすぎたのでフロントだけノーマルスプリングに戻しました。

 

ついでにOHもしてリフレッシュ。

 

リアはソフトスプリングのまま。

 

色々試したけどコレが最適かなぁ。

 

リアスプリングは主に体重に合わせて、

 

フロントは体重+乗り方、、って感じだと思う。

 

 

 

サスのアジャスターセットもほぼ純正のスタンダードのまま。

 

コンフォートセットなども試してみましたが、

 

まあJECやJNCCに出るならスタンダードが一番に感じました。

 

コレも和田ぽん的には珍しい事ですね。

 

だいたい結構標準より柔らかめにセットすることが多いので、、

 

 

 

 

 

 

シートはすでにちょいアンコ抜きを施してあったので、

 

外装のデカール一新のタイミングでMOTOSEATに張替え。

 

汚れてる時の写真で残念だけど、、、w

 

ちなみにシートはクリトリ、、、間違えた。クリオネスピードさんで加工済みなシート。

 

アンコ抜きして薄くなってますが、着座位置に低反発素材を仕込み、

 

ローシートながらもお尻に優しい仕様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

チャンバーは低速デロデロのマリオチャンバーがついてましたがノーマル戻し。

 

125を購入した理由に「ギンギンにブン回して乗りたい!!」ってのがあったので、

 

低速重視のマリチャンよりノーマルをチョイス。

 

あとマリオチャンバーはもう手に入らないので、ボクが荒く使うのは勿体ないなぁ〜ってのもあり、、

 

 

 

今後の予定ですが、来年か再来年くらい、、、、

 

リアを若干ローダウンしてフロントは突き出し、、、

 

保管してあるマリオチャンバーをつけて低速デロデロに、、、

 

で、秘技「125にセル装着の術」、、で、

 

「ビギナーでもハードED対応可能なTE125」

 

を作りたいという野望を若干ですが持っています( ´∀`)

 

ほんの若干、、、

 

 

 

 

あとはリアをTublissでチューブレス化したり、、、

 

あ、純正オプションのリアディスクガードがついてるのもナニゲに嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとクラッチはアルミのクラッチプレートだけHONDA流用のスチールプレートにしてます。

 

 

 

 

 

 

 

ボクの手に渡ってからのイチバンのカスタムといえばタンク交換。

 

TEの純正は11Lくらい入るかなりのビッグタンクなんですが、

 

ややデカすぎて幅が広い。

 

ニーグリップの時に太さを感じます。

 

燃費も良い125にこんなデカイのは不要だなぁ〜と、

 

HUSQのTC(モトクロッサー)の純正タンクを流用。

 

コレで7.5L(だったかな?)でスリムになります。

 

 

 

 

 

 

懸念はファンとの干渉が心配だったのですが問題なくついた。

 

モトクロッサーにファン装着は考えられていないだろうから、

 

ファンの分のクリアランスがなかったりするかなぁ〜、、と思ったんですが全然OK。

 

 

 

 

 

 

だいぶスリムになった。

 

タンクキャップがボタン式じゃなくて開け易くなったのも、

 

素早い給油が必要なクロスカントリーなどでは◎。

 

ビックタンクでもCOMP-GPなどの3時間ではどーせ給油しますしね。

 

 

 

 

 

ただまあ悲しいのはもうHUSABERGは絶版車両。

 

左のジェネレーターカバーなどにHUSABERGのロゴが入っていますが、

 

コレはもう頼むと品番変更で無印のモノが来るそうです。

 

 

 

 

 

なので穴を開けてしまいましたが、カイダック+コーキングで修正して大事に使用。

 

ケースカバーなどは割らないように気をつけよう、、、w

 

 

 

 

 

 

で、先日三宅島前に腰上をOH。

 

ピストン交換して排気バルブを分解清掃。

 

97時間くらいの走行時間ですね。

 

自分用メモ。

 

 

 

 

 

とまあ、、、相変わらずチョコチョコとは弄ってますが、

 

サス、エンジンともに大幅なモデファイは行ってません。

 

いつもワリとガンガンイジる和田ぽんですが、

 

その辺あまりイジってないのは、如何にこのマシンの完成度が高いかっつー事っすね。

 

年式的にもこの型の熟成したモデルですし、

 

バランスが良いマシンっすよねー、、この型のこの年式は。

 

トップグレードの250などと違い、

 

エントリーユーザー向けの125ってのもあってか、

 

サンデーライダーがそのまま乗るのにちょうど良い仕様って感じすかね。

 

「名車」と言えよう、、、言えた( ´∀`)

 

 

 

 

 

 

そんなワタクシのTE125でした。

 

あと1年乗る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM