成田でぇ試乗会インプレ、2st編( `ε´)ノ

  • 2018.12.05 Wednesday
  • 18:58

とゆーワケで、当初一発で終わらせようとしたのに

 

アツくなりすぎてナガくなりすぎたので、、、、

 

成田大試乗会、2stインプレ編。

 

 

 

 

 

で、お次は2stに乗りましょうとまたまたまたYAMAHAブースに再来。

 

今大会唯一の2st85cc、、、

 

このYZ85LWは今年フルモデルチェンジしまして、

 

数年前にKX85がフルチェンしたときのようなざわめきがありましたね。

 

CRとYZの85は排気バルブがついてませんでしたが、

 

今回のフルチェンジでYZ85LWにもついに排気バルブががが!!

 

 

で、さらにこの85はカントク仕様、、、

 

ポジションが大人仕様になってまして、

 

圧縮比をやや下げたりと、エンデューロ寄りになっている仕様です。

 

 

 

で、、、、乗ると、、、

 

むむ、、思ったよりはピーキー!!

 

中高速からグワっとくる感じはこれぞ85って感じ。

 

でもかつてのノー排気バルブのYZと比べると、

 

全然乗りやすく下も85にしては頑張ってくれる感。

 

 

ちょうどウチのチーム員、ガウ君のリクエストで

 

和田ぽんEDチューンのKX100を持ってきていましたが、

 

ガウ君やアヤちゃんなどのビギナー勢はEDチューンKX100のほうが乗りやすいとのインプレ。

 

コマさんなんかは逆に85らしさがなくてコレじゃないっつってたw

 

 

なので、中級者以上、上級者になればなるほど、

 

今回のフルチェンジYZ85LWは「オモシロい」大人のおもちゃになるんじゃないかなーと。

 

お値段も今までの85と比較するとちょっとお高めですが、

 

その分足回りもグレードアップ感がヒシヒシで、

 

85をメインバイクとして遊びたいぜー!!って人は、

 

コレはそーとーオモシロいと思いますね。

 

 

KXのように点火時期がイジれたりするのかはまだ分かりませんが、

 

フライホイールの追加だったり、マイルドにする術はいくらでもあるので、

 

「85」を検討してる人の候補に「最上級」として加わった選択肢ですね。

 

色々イジッてみたいのでコマさん買ってください。

 

 

それとNEW85はさすがにまだでしょうが、

 

昨年までの年式のYZ85にはアテナからボアアップキットが出てたんすよね、、

 

106ccとかそんな感じの、、

 

いずれこのNEW85にもボアアップキットが出たら、

 

YZ100LW…的な( `ε´)ノ

 

それはスゴいロマンがあるバイクなんじゃねーかと思うので誰かやってみて乗らせてくれ。

 

 

 

 

 

 

で、お次は125戦線、、、

 

ちょっとお写真不足になってきたのでメーカーの写真を拝借、、、

 

ただまあ125クラスはどのメーカーも昨年から大きくは変えてないので、

 

ザックリとしたインプレで、、、

 

 

まずは発売からずっと人気なYZ125X、、

 

とにかく軽い。

 

文句ナシにクラス最軽量、、とゆーかフルサイズ最軽量じゃないすかね。

 

上級者にも初級者にも、、、セット次第で誰でも乗れて、

 

気持ちよく回せてとにかく楽しい、、って感じは相変わらず。

 

成田のような中規模コースにはベストマッチですね。

 

KYBサスはマジで神や、、、

 

お値段の安さも魅力で、、、

 

 

ヤル気あるオフロード入門者はとにかくコレ買っとけば間違いねぇ的な。

 

 

 

 

 

 

で、RR2T125。

 

コレもYZに近い感じで、低速デロデロというよりは高回転キモチイイ系マシン。

 

98万でそれなりなお値段ですが、サスペンションなどは250などのRRシリーズ同様、

 

最上級な足回りがついている本格マシンです。

 

保安部品もついていて登録可能。

 

ここが外車勢と国産の大きな違いですかね。

 

 

そして外車エンデューロモデルだからと言って、かつての125EXC的な感じではないですね。

 

ホントのビギナーさんにはツライかもしれませぬ。

 

セルはないので軽量さは特筆レベル。

 

エンジン自体がセルを後付できるように設計されているので、

 

今後発売される予定のセルキットで楽々セル搭載可能な予定だそう、、。

 

ウワサによると予想より全然安い臭いんですよねー、セルキット。

 

発表が待ち遠しい。

 

 

 

そして要注目なのは来年初頭くらいに販売予定で、

 

RR2T200も出ます。人気のミドルクラス。

 

車体はこのRR2T125と同じで200cc仕様。

 

登録する人は軽二輪になってしまいますが、

 

この中間排気量は魅力っぽいのでコチラも今後要注目っすね。

 

 

 

 

そしてSHERCO、125SE Racing。

 

コイツはセル標準装備。

 

低速トルクは今日の3車種の中で一番ある印象ですね。

 

和田屋のお客さんらのインプレでも、女性やビギナー気味な方々には一番評判良かったです。

 

125らしからぬトルクで、乗っててかなり楽しいマシン。

 

車高下げたら背の低い女性だけどソコソコ乗れるようになってきました的なライダーには、

 

今もっともオススメ出来るマシンかもっすね。

 

ただお値段も一番高くて1,050,000円。

 

RR2T同様に本格的シャシーでさらにセルがついて、、、まあ当然なお値段なんすけど。

 

 

 

 

 

で、そんなわかりきった感のある125インプレをサラッといきまして、、、

 

お次は250&300。

 

BETA

 

今回はクロトレやら4stモデルやらもあったので、

 

試乗会に持ってこれたのは250のみ…って事で、

 

250を試乗しましたが、、、

 

 

エンジンは昨年ブラッシュアップしたので似た印象ですが、

 

エンジン特性はやはりカテゴリーの中で一番好きですね。

 

下のトルクデロデロ感が良い。

 

あと車体もコンパクト。

 

コレも毎回言ってますがステップ位置がスイングアームピボットに近いので、

 

低速での取り回し…というかバランスがヒジョーに取り易いです。

 

 

このコンパクトさとバランスの取り易さ、低速の粘りで、

 

ハード系に人気が出てるのも頷けますね。頷いた。

 

CGCやG-NETなどは特にBETA率高くなりますからね。

 

 

そして4stの時に触れましたが、同じくフロントサスがさらに良くなってますね。

 

JNCCでも戦える感じ。

 

 

おなじく2st250にX-Trainerもありますが、

 

ボクはハードEDに出るとしてもRR2Tが良いかなぁ。

 

この下のデロデロと回した時のパワー感の両立が良いです。

 

やはりエンジンは一番好き。

 

 

 

クロトレはさらにコンパクトなので、

 

山遊び中のキャンバーターンとか、トラ要素も加わるような動きをする人だったり、

 

そーゆーよりハードなセクションのあるレースでの取り回しを求める人。

 

か、、、逆にビギナーさんだったり女性だったり、

 

とにかく足着きやコンパクトさ、軽さ重視で、

 

ハイスピードでのサス性能はそこまで、、、って人は、

 

お値段も破格ですし、クロトレは依然人気を維持するでしょーなって乗り味。

 

エンジンの信頼性も高いですし、BETAは。

 

 

 

んで、SHERCO

 

試乗車250SE Factoryで4st同様最上級のファクトリーでした。

 

なのでこれまた4stの時に触れたように足回りが最高。

 

 

そしてバランサーを搭載しフルモデルチェンジしたエンジンが秀逸。

 

前にSHERCOに乗った時は4stは軽くて扱い易く、シェルコならではの特徴があるけど、

 

2stはまあ、、、普通かな、、

 

 

って思いましたけど今年のはガラっと変わってますね。

 

振動がなくスムーズでヒジョーに乗りやすく、かつパワーが出てる。

 

んでこの足ですから、、、JNCCに2stで出ろって言われたらコレにしたいくらい。

 

うまく言えないんですけど、パワーの出方がヒジョーに良いです。

 

お値段なりの魅力がありますね、、、確実に。

 

 

 

 

 

 

で、2st250/300しかないので行くのが最後のほうになってしまいましたが、

 

GASGAS

 

昨年からフルチェンジして復活したGASGASで、

 

ジワジワと注目が集まっている感じですが、

 

まだまだコマーシャルが足りてない気がして、

 

市場ではまだそこまで見ないですね。

 

 

250、300と両方乗りましたが、概ね昨年と同じ感想。いい意味で。

 

 

GASGASというとクセモノエンジン&シャシーというか、

 

クセがあるなーとかいうのがかつての印象だったんですが、

 

復活後のガスガスはホント王道マシンというか正統派というか、

 

KTMの250EXCに似てる乗り味な気がします。

 

BETAのような低速の粘りが、、というよりは、

 

全域フラットでパワーが出る感じで、

 

JNCC&JECみたいなスピード勝負で光る気がします。

 

疲れてきても扱い易い、、みたいな。

 

 

ライダーによっては相当好みにハマるんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと度々言いますが何と言ってもサスがKYB。

 

スタンダートモデルでKYBなのでコレはデカイ。

 

写真は上級モデルの「GP」なんですが、これはなんとX-TRIG標準装備!!

 

フォーククランプが前後に分割されていて、より真円でクランプする、、、

 

あの超高級パーツが、、、、

 

 

 

 

ま、それは置いといてKYBサス、、ホント良いです。

 

これまたちょっと一度自分好みのセットにし直して乗ってみたいなぁ〜と思いました。

 

多分間違いなく良いハズ、、、

 

 

 

250と300の差ですが、、、

 

個人的には300のほうが好きですね。

 

2速3速でブブブッと乗るのが扱い易く、

 

250より「回せ!」って言われてる感が少なく乗れるので楽しい。

 

 

ただ、公道登録可、不可の違いがあるので、

 

H.T.D.Eなど公道を使用するレース参戦も視野に入れてる人は250ですね。

 

300乗った時にかなり良くて、

 

「でも250でこの良さがスポイルされていたらヤだなぁ」

 

と思いましたが、比べたら300が好み…ってだけで、

 

250も充分イケるバイクだったのでその点でも好印象でした。

 

 

 

ちなみにBETA同様GASGASもまもなく200が出るそーです。

 

2st中間排気量戦線が賑わいそーですね( ´∀`)

 

 

ちなみに各モデルのお値段はBETAとほぼ同等。うーむ。

 

正直、、、、モノはかなり良いんですが、、、

 

かつてのGASGASの色々で巷の印象があまり良くないというのが正直なトコロすかね。

 

最初の2〜3年は限界まで値段落としてとにかく販売台数増やして巷にGASGASを増やす、、とか。

 

アピール力っつーか発信力のあるトップライダーに乗せて信頼性や性能をアピールとか、、、

 

レース会場で走ってる台数が増えて、

 

「最近GASGASよく見るけど、壊れたとか、他のネガな話聞かないね」

 

ってなれば売れると思うんだけどなーー、、、

 

 

来期はチーム員で1人GASGAS乗りが出るので、その辺よーくチェックしてみますw

 

 

 

 

 

あ、今回の試乗とはカンケーないですがGASGASといえば、、、

 

 

 

 

 

 

 

実は注目しているのがこのRENGER200

 

本国HPに載っていて気になってたんでGASGASブースで聞いてみたら、

 

来春くらいに出るそーです。

 

税抜き車体本体価格86万。

 

エンジン、フレームはEC250シリーズと同様かな?

 

足回りが46パイオープンカートリッジな廉価版になっていて、

 

その分価格がかなり抑えられています、、、、この売り方は、、、そう、、

 

GASGAS版クロトレ、、って感じですかねw( ´∀`)

 

 

海外HPのスペックを見てたんですけど、

 

フロントサスペンションが46mm、KYB、オープンカートリッジ。

 

といえば!!

 

’04までのWR250Fに装着されてたサスがソレっすね。

 

アレと同等のサスなワケですねー。

 

まあ最新のツインチャンバー的なクローズドカートリッジに比べたらアレですが、

 

46パイKYBも全然悪くなかったっすからねー。

 

あとメッチャオーバーホールしやすいw

 

このお値段でKYBならコレも楽しいバイクかも、、、と思う。

 

200ccという中間排気量もエントリーユーザーには良い方向に働くんじゃないかと。

 

エンジンも見た感じはトップモデルのECシリーズと変わらない感じ。

 

乗りやすくはしてるでしょうが、ライダーによってはEC仕様とかに出たら嬉しい、、とかあるかな。

 

クロトレのRR2T仕様的なのと同様に。

 

 

 

逆に気になるのはシャシー、、

 

これもECシリーズと同じに見えるんですよねー。

 

まあサスストロークを抑え気味にして車高は下がるでしょうけど、

 

クロトレのように細くてコンパクトな専用フレームではなさそうなので、

 

コンパクトさと軽さがあの領域に達しているのか、、どーなんでしょ。

 

そーいった意味でも色々気になるマシンですね( ´∀`)

 

 

 

 

 

 

 

で、、、バイクメーカーの他にもTechnixさんブースなどもあったりして、、、

 

カントク仕様のYZとかかなり評判良かったんで、あとで乗ってみようと思ってたんですが、

 

ちょいと仲間内で怪我人出ちゃったりでその後はワチャワチャしちゃって乗れませんでした。

 

やっぱエキシビジョンレースはお休みして試乗に集中してよかったなー、、、

 

 

 

 

 

そんな感じの2stインプレですが、、、

 

125はなんとなくまとめたので、2st250でまとめると、、、

 

 

やっぱり最安値、YZ250X

 

登録いらない、セルいらない、とにかく軽さ、、ならコレですかね。

 

エンジンも外車勢に比べるとややピーキーですが、

 

GYTRのフライホイールとか、STEAHLYの一番重いウェイトとか、

 

チャンバーとか、圧縮とか、その辺をイジルと充分乗りやすく出来ます。

 

しかも元のお値段が安いのでソレらをやっても、、、って話なので、

 

エンジン特性でウムーとなった人はご相談下さいま、、、

 

 

あ、ホントにこの流れで宣伝しよーと思ったワケではなくww

 

書いてる最中に閃いたんですが、、、宣伝入れるぜ!!( `ε´)ノ

 

 

 

 

そんなSTEAHLYのフライホイールウェイトなどがついたYZ250X、、、

 

中古の在庫がありますよww( ´∀`)

 

車両本体価格605,000円。

 

かなり走行少ない上質車で、お問い合わせも多く迷ってる人も多いんですが、

 

何故かなかなかご成約には至らないこの車両、、、、セルか?やっぱセルなのか??

 

 

 

 

 

 

で、話を戻して、、、

 

外車勢の中では、、、

 

ハード系ならやはりBETA、、RR2T250/300。

 

ただサスが十二分に良くなっているので

 

エンジン特性が好みならクロカン、オンタイムも全然オーケー。

 

カスタムパーツも結構豊富。コレ地味にかなり重要です。

 

 

○スタンダードなパワー特性、、というか、

 

全域で扱い易く、かつパワフルなEC250/300

 

サスペンションが良いのでクロカンに特に向いている印象。

 

 

○同じく全域パワフルで、かつサスも最上級で、

 

ハードにもクロカンにもイケるけど

 

お値段もイケるSHERCOの250SE Factory、、

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後にタマ数が少なくそもそも入手が困難ですが、

 

今のバイクと比べてもそこまで見劣りしないKX250SE(スーパーエンデューロ)。

 

YZ250X同様キックオンリーですがYZのように軽くはなく、

 

ヘタするとセル&バッテリー付きの外車勢と同等かソレ以上に重い印象ですが、

 

フロントは最新のKYBクローズドカートリッジ。

 

YZ125Xと同等の性能ですというかYZ125Xのサスです。

 

エンジンもとにかくデチューンしたので、

 

低速の扱い易さ、1速で粘ってくれる感じはBETAと同等じゃないかと思い込むようにしています。

 

ただ、キックは死ぬほど重いです。ストロークもかなりあります。

 

なんでYZ250Xのキックがあんなに軽いのかわかりません。

 

エンジン、チャンバー、リアサスなどコレ以上イジれないくらい手を入れて、

 

車体を20万で買っても部品を新品で揃えて工賃も払ったら新車が買えちゃうレベルですが、

 

なによりもロマンがあります。ロマンがあります。男カワサキ。

 

 

ちなみに当日成田に持っていってましたが、試乗希望者はゼロでした。

 

フリー走行用に持ってったんですが、ボクもこの日は全く乗りませんでした。

 

 

 

 

と、ゆーわけで2st250インプレ終了。

 

ちょっと乱暴にざっくり分けるとそんな感じ……ですかね。

 

あくまで個人的な主観です(^▽^;

 

 

 

 

 

あ、、あと今回の雑感ですが、、、

 

試乗会で思うのは、新車卸しのそのままの状態なのか、

 

インポーター、ディーラーの方々が乗りに来る人のレベルを読んでセットしたか、、

 

この辺りもヒジョーに印象に変化があるように感じました。

 

 

試乗会は結構初心者〜初級者がもっとも多い印象。

 

中級ライダーがチラホラで、、上級者はほぼいないんじゃないか的な。

 

なので、初級者が乗りやすいような柔らか目のセットっつーか、

 

リアのプリロードとかも抜き気味で乗りやすくしたほうが良いんじゃないかなー、と。

 

だいたい純正セットはかったいですしね〜、、

 

 

 

今回で言えば、とくにカントクがいたYAMAHAの車両、

 

実際に自らも乗ってる岩○社長のPURETECHの250/450F-SE。

 

この2つのブースの車両はマシンもしっかり慣らされていて、

 

サスセットも乗りやすく感じました。

 

 

カスタムパーツをつけちゃったら試乗会にならんでしょ、、ってーのはありますが、

 

純正の状態でより良い状態にセットする、、、っていうのは、

 

各社もっと試乗会前に行っていただくと、ユーザー側としては

 

より乗り比べやすいのかなー、、と思いました。

 

 

 

 

 

 

まあ書き切れない微細な印象、その他走行性能以外の事などなど、、、

 

まだまだ色々ありますのでお悩みの方はウチに遊びに来てください。

 

 

 

で、昨日言ったけど、一応もっかい言っときやすm(_ _)m

 

 

 

YAMAHAの受注は12月9日までなのでもうすぐ終わりです。

 

今期、YAMAHA新車が欲しい方はお早めの決断を、、、m(_ _)m

 

注文してからだいたい2ヶ月くらいで入荷します。

 

HONDAは今月の28日までですね。

 

KAWASAKIやBETA、SHERCOなどは今年の生産予定台数が履けたら終わり。

 

もうちょっと大丈夫ですが、年明けからモデルによっては怪しくなってくるので、

 

これも欲しい人はお早めに、、、

 

注文してもすぐには入荷しない場合もあるので、

 

来期の開幕戦までに慣らしや準備を済ませたい人は今月中の決断必須ですね( `ε´)ノ

 

 

 

 

 

 

そんな感じの成田大試乗会インプレでしたm(_ _)m

 

 

 

 

次回からは三宅島エンデューロ参戦記です( `ε´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM