ブログ復活…メンテ日記( `ε´)ノ

  • 2019.02.26 Tuesday
  • 23:02

年末年始はレースがオフシーズンになり、

 

常連様からオフ中のレーサーメンテ依頼をお受けしてまさに嬉しい悲鳴状態でして、、

 

ちょいと睡眠時間確保するのに精一杯でブログ更新するヒマもなくお休みしてたんですが、

 

まだもーちょい残ってるけどちょっと余裕出てきたので、

 

またまたブログ更新を再開しようと思います、、出来れば週イチくらいで、、

 

ネタは溜まってるんですが、復活一発目はそんなレーサーメンテの様子を、、

 

 

 

 

今回のモデルは某IBライダーの乗るYZ250X、、

 

ご購入から3年が経ち、結構ヤレてきたのでリフレッシュ。

 

まずは分解して前後サスオーバーホールと各部清掃&グリスアップから。

 

 

 

 

 

リンクベアリングが、、、サビてますねw

 

ちょっと手遅れな状態だったんでベアリングごと交換。

 

 

 

 

 

 

 

ダイジョウブな箇所は問題なかったので分解清掃グリスアップ。

 

YAMAHAのリンクベアリングの一部はニードルが取れるタイプなので、、、

 

 

 

 

 

 

完全に古いグリスを取り除けるので気持ち良いっすね。

 

BETAのリンクの一部もこのタイプのニードルベアリングを採用してます。

 

 

 

 

 

 

 

同様にキレイにしたレースにグリスをタップリ入れて、

 

そこにニードルを1つずつ確実に並べていきます。

 

 

 

 

 

 

 

並べ終わったらまた上からベッチョリグリスを注入して、、、

 

 

 

 

 

 

 

カラーを挿入して余分なグリスを出すんだけどちょっと付け過ぎたw

 

 

 

 

 

 

で、完成。

 

中はグリスでギッシリだぜ( ´∀`)

 

 

 

 

 

 

スイングアームがカラカラ言うので調べたら、

 

中から以前なくなったハズのカバーと、正体不明の丸く茶色い物体。

 

大きなウサギの糞だと思われます。

 

 

 

 

 

ここも定期的にやるべきポイント。

 

チェーンアジャスターのボルトとネジ山の清掃をして、

 

スレッドコンパウンドを塗布して組み直し。

 

 

 

 

 

リアのホイールベアリングは問題なかったけどシールがちょっと歪んでますね。

 

なぜ??w

 

 

 

 

 

 

新品に交換。

 

このあたりのパーツはストックがあったので、

 

部品待ちにならずサクサク作業が進みます( ´∀`)

 

 

 

 

 

 

キャリパーも分解してグリスアップ。

 

特にスライドピンは固着、もしくは動きが渋くなってる車両も多いので注意っす。

 

 

 

 

 

 

 

今回はパッドとローターも交換。

 

キャリパーのスライドピンも磨耗してたので交換っす。

 

マイナスのフタもなくなってたので、

 

ついでにフタいらずのDRCパッドピンにしました。在庫あるし。

 

 

ローターは和田ぽんの独断でノンスリットのウェーブタイプ。

 

ハード系が多くマディでも走るライダーはノンスリットがいいかな、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はスプロケ&チェーンも交換。

 

チェーンスライダーも磨耗してたので交換です。

 

スイングアーム周りの作業と一緒にやると工賃かからないのでオススメ。

 

 

 

ちなみに和田ぽんはチェーンはDID派、スプロケはISA派です。

 

 

 

 

 

 

今回はフロントスプロケを1T落とし。

 

YAMAHA、KTM、BETAあたりのスプロケは結構在庫してます。

 

 

 

 

 

 

 

で、今度はフロント周り。

 

フロントはホイールベアリングにガタがあったのでベアリング交換。

 

もちろんシールも同時に交換しますが、、、

 

今回はホイールカラーもかなり磨耗してたので交換。

 

YAMAHAのフロントホイールカラーはかなり磨耗し易いので要注意ですね。

 

コレが磨耗するとオイルシールのリップとの当たりが弱くなり、

 

防水、防塵性が落ちて、最悪泥水がベアリングに入ってダメにしちゃう恐れがあるので、

 

タイヤ交換の際などに定期的にチェックしたいすね。

 

あとはホイール外す度にオイルシールにしっかりグリスを塗布すると、

 

多少磨耗を抑えることが出来るのでコマメにやりませう。

 

 

 

 

 

 

そんな感じでカラーは新品に。

 

リア同様、フロントもローター&パッド交換。

 

フロントは純正をチョイス。

 

フロントはリアに比べ、泥詰まりもヒットも少ないので、

 

排泥性や頑丈さよりも軽さを重視したいのと、

 

ZETAとかの社外ローターはフローティングディスクじゃないので、

 

元々フローティングのブレーキをフツーのディスクにしたくないなぁ、、っていう。

 

 

で、写真撮ってないんですがフォークオーバーホールして、、

 

ステムをバラす。

 

さすが、和田屋のカンペキ納車整備施工マシン。

 

3年経ってもここは無事ですね( ´∀`)

 

 

 

 

 

 

 

古いグリスをキレイにして、、、

 

 

 

 

 

 

たっぷりグリス。

 

 

 

 

 

 

 

お次はエンジン整備へ、、、の前に、

 

外したチャンバーが凹んでるので膨らまし、、、

 

 

 

 

 

 

膨らみました( ´∀`)

 

他にも各部凹んでましたが、溶接なく膨らんだ。

 

穴が開いたら溶接してやり直しっすね。

 

 

 

 

 

 

チャンバーの入口にもカーボンがかなり堆積してたので、

 

キレイに除去しました。

 

 

 

 

 

 

で、エンジンバラして、、、

 

排気バルブの清掃。

 

真っ黒ではありますが、そんなにカーボン溜まってないほうでしたね。

 

さすがIB。

 

 

 

 

 

 

バラして、、、

 

 

 

 

 

 

キレイにして各部の消耗具合や異常がないかなどをチェック。

 

 

 

 

 

 

 

 

メインのバルブとサイドのバルブは特にこびり付くようにカーボンが堆積するので、

 

ケミカルや工具を使って完全に除去します。かつ痛めない。

 

 

 

 

 

 

 

スコスコに動くようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

オイルを塗って組み付けて完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

YAMAHAのシリンダーは刻印っつーかスタンプなので、

 

Bピストンとかって表記が消えちゃったりします。

 

そーすっと事前にピストンを頼むことが出来ず、

 

外してマイクロゲージで計測しないといけなくなるので、

 

今後も消えないようにポンチで「B」ってしてマジックで上書き。

 

 

 

 

 

 

Cピストンの時はこんな感じっすね。

 

 

 

 

 

 

腰下は問題なかったのでオケー。

 

ケミカル大好きっ子の和田ぽん的なオマジナイで、

 

大端ベアリングにはマイクロロンを塗布。

 

 

 

 

 

 

エンジン組付けにはオイル塗布だけじゃなくて色々使ってます。

 

他にもグリスへのコダワリは度々ブログネタにしてますが、

 

ブレーキ周りにはCCI、足回りのベアリングなどにはオメガ57番、

 

サスペンションのブッシュはオメガ77番など、、

 

シリコングリスだったりスレッドコンパウンドだったり、

 

かなりの種類のグリス、ケミカルを使い分けで整備してます。

 

 

 

 

 

 

エアフィルター組み付けの際にもちゃんとリムグリースを塗るぜー的な。

 

 

 

 

 

 

エンジン、足回りはどの車両もだいたい共通してこんな感じで、、、

 

あとはお客様にご依頼、ご相談された箇所をモデファイしたりカスタムしたり、

 

普段気付きづらい故障箇所を発見して修理、、とか予防とか色々、、

 

 

 

 

たとえばこれはオーナー様自作のクーラントリザーバーですが、、

 

中のチューブが外れてあまり意味を成さなくなってたので、、、w

 

チューブが外れないように耐熱、耐油性の接着剤でチューブを固定。

 

 

 

 

 

それでも長さが足りないのでホースで延長。

 

熱対策と擦れ対策で耐熱シートを貼りまして、、、、

 

 

 

 

 

排出用のホースの処理も微妙で泥水が若干混入してたので、

 

そうならないようにコーキング。

 

 

 

 

 

まあ、破損しても特に問題のないクーラントリザーバーですが、

 

これでちゃんと長持ちで機能してくれる、、、、ハズ( ´∀`)

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも地味に痛んでるネジ山をすべて修正、、

 

どんな車両も何箇所かは痛みかけてたりするので地味に重要です。

 

 

 

 

 

 

 

あ、そうそう。

 

この車両はスイングアームのチェーンスライダーのみならず、

 

チェーンガイド内のスライダー部分も磨耗してました。

 

TMDのチェーンガイドはこの部分が交換可能で、

 

リペアパーツが出てます。

 

全車種あるワケじゃないですが、ストックがあるので、、、

 

 

 

 

 

交換。

 

お高いパーツなので、すべてがダメになる前に交換しましょう。

 

 

 

 

 

 

コレでまだまだ使えますな( ´∀`)

 

 

 

 

 

 

 

 

シート張替えもあったんですが、

 

一部ウレタンフォームが破損してるので、

 

この辺も修理してから貼りなおし。

 

 

 

そんな感じで、、、

 

 

 

最近やったほかの車両だと、、、

 

チャンバー取付部のフレーム側が破損してたり、

 

リンクが削れて変形していて修正が必要だったり、、、

 

外したついでにラジエター修正とか、、、

 

色々バラすと結構破損してる箇所が多いので、

 

たまにはちゃんとした専門ショップで点検、、すね。

 

 

 

 

 

 

 

ついでのカスタムでは、、、

 

 

純正ハンドルをちょっとカット。

 

今回はお客様ご要望の寸法にしましたが、

 

和田ぽん的にはノーマルの800mmのハンドルを775mmにするのが好み。

 

 

 

 

 

 

 

短くなった分、ハンドガードのトップブリッジマウント部も合わなくなったので、

 

カットして穴あけして位置調整。

 

 

 

 

 

 

クラッチハウジングが段付き磨耗してたので、、、

 

HINSONのクラッチハウジング&クラッチボスに交換っす。

 

純正のギアとダンパーを取り外すためにカシメをブッ飛ばして、、、

 

 

 

 

 

 

HINSONのクラッチハウジングに移植。

 

 

 

 

 

 

ガッツリネジロック塗布して締め付け。

 

 

 

 

 

 

和田ぽんKXにも導入予定で購入済みですが、、、

 

HINSONクラッチバスケット、、、

 

耐摩耗性が高くオススメです、、ちょっと高いけど。

 

 

 

 

 

ちなみにクラッチカバーにクラックが入っていましたが、

 

コレはオーナーさんが予備をお持ちだってコトで、

 

コレはパテって修理して、、、漏れ点検してOK( ´∀`)

 

 

 

そんな感じで各部フラッシュアップしてまして、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はデカールや外装も一新したので、

 

入庫前とは見違えるマシンに…ww

 

これで今期もノートラブルで走りきってください( ´∀`)

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じで、、、、

 

特に当店ご購入のお客様には、

 

これらのメンテはけっこー破格でやってます。(チーム員は特に)

 

メンテするお店で買ったほうがぜってーお得ですよ!!って宣伝( ´∀`)

 

もちろん他店ご購入のお客様も大歓迎なのは変わらずです。(特にレーサーモデル)

 

 

 

 

そんな作業を年末年始から来る日も来る日もやってましたとさ、、、

 

という和田屋整備の一部分をご紹介してみました。

 

まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM