GW豪遊その1「JNCCワイルドボア」

  • 2019.05.10 Friday
  • 18:14

っつーワケで年号も令和になりーの、GWも明けーの、

 

休みボケを解消して通常業務に戻らないと〜、、っすね。

 

で、そんなGWのレースレポ等をざざっと、、

 

 

 

 

まずはGW前半戦、4/28に鈴蘭高原スキー場で行われたワイルドボア鈴蘭に参戦してきました。

 

今季初のJNCC。

 

前日までのまさかの雪で、かなりの寒さになりました。

 

今回のワイルドボアはチーム員のエントリーはなく、、、

 

和田ぽんとアヤちゃんのみの出走。

 

で、温泉旅行を兼ねて前々から両親をレース観戦ツアーに招待したかったので、

 

和田ぽん両親をつれての出発。

 

 

 

が、現地に到着するも吹雪、、、w

 

激寒です。

 

コレで下見は行けないなぁ〜、、ってしばらく車内で待機、、、

 

何も出来ませんw

 

 

 

 

 

途中Jバザーのフードコートにケイチャン丼を買いに行き、

 

車内で食すも、、、吹雪は強まるばかり。

 

写真取り忘れましたが、鈴蘭はとくにフードコートがオススメです。

 

飛騨高山の婦人会?とかそんな感じの方々が毎年出店してくれまして、

 

郷土料理のケイチャン丼やカレーなど、

 

全JNCC会場の中でも一番ウマいと思うんすよねー。

 

2位は爺ヶ岳w

 

 

お弁当は買って来ないでJバザーがオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

で、3時近くなってやっと吹雪も止んできたので下見開始。

 

完全に雪化粧のコースになっちゃいました。

 

ただ、明日のレース当日は晴れの予報なので、

 

雪はすぐ解けそう、、ただマディは確実。

 

 

 

 

 

 

 

 

鈴蘭名物ハーフパイプガレ。

 

呼び名はウチの仲間内でそう呼んでるだけですが、

 

ハーフパイプっぽい形状の登りにめっちゃ動くデカい岩がゴロゴロしているエリア。

 

毎年レイアウトにも寄りますが、左のハーフパイプを越えた尾根に上がれるルートがある時は

 

このガレは横切るだけで済むのでそんなに難易度ない。

 

一昨年がそーだったかな?

 

昨年は確かコレが下りでしたかねー。

 

尾根に登らせずにコーステープで区切ってこのガレを直登させるレイアウトは、

 

たしか3〜4年ぶりのハズ。

 

助走も取れないし、かなり岩が動く、さらに頂上付近の土がマディだとかなり滑るので、

 

ぶっちゃけCOMPガレより全然難易度高いですね。

 

コレをこーゆー風に使ってくれるのはかなり嬉しいっす。

 

個人的には好み。

 

まあレース中「またここかぁ、、」って毎回イヤなんですけど、

 

ボクがAクラスのライバルに差をつけるならココしかないので、、、(^▽^;

 

 

 

 

 

 

 

一通り下見を終えた感想は、、、「ハードクロスカントリー」( ´∀`)

 

ボクの好きなJNCCラウンドは鈴蘭、爺ヶ岳、ほおのきですが、

 

なかでも鈴蘭はかなりハード寄りなレイアウトになる事が多く、

 

ハードエンデューロ好きなライダーにもぜひ出てみてほしいっすね。

 

もちろんCOMP-GP。

 

 

 

同じハード好きライダーでも、

 

何度かJNCCに出ているライダーと、

 

全く出た事ないライダーでは意識が変わってくると思うんですよね。

 

なんつーか、「前へ出てやる!」って意識だったり、

 

一番重要なのは引っ掛かってた難所を越えて、

 

次の引っ掛かる難所までの区間、、、

 

 

その区間を「ただ移動する」のか、

 

ある程度プッシュして先を急ぐのか、、、

 

 

 

ルール的にはXCもHEDも「クロスカントリー」なので、

 

その区間を移動してただけなのか、プッシュしてたのかってので、

 

順位が違ったり、はたまたタマイチ出来たのか、ギリ出来なかったのか…

 

場合によってはギリ2周できたか1.8周で終わったか、、とか、

 

実際のほんの少しの差が、リザルト上としては明確な差になることも、、

 

って意識を持つだけで、結構変わると思うんすよね、どんなレースでも。

 

 

 

 

 

 

 

 

んで、ちょっとハナシが脱線しましたが、、、

 

下見開始が遅くなったので下山してきたらすでに良い時間。

 

前日受付だけとっとと済ませてお宿へ、、、

 

今回は両親同伴なので宿に宿泊です。

 

 

が、この宿がかなーり標高高いところにありまして、、

 

鈴蘭高原スキー場よりさらに数百m標高が高い。

 

路面は完全に凍結してましたねー。

 

そしてウチのハイエースは2駆のノーマルタイヤ。

 

吹雪も止んでましたし、気温も上がってきてたので、

 

行きは滑りつつもなんとかなりましたが、

 

明日の早朝に会場に向かう時が試練っぽいすねw

 

 

 

 

 

そんな感じで宿の温泉は雪見露天風呂。

 

お湯も好みな感じでかなり鉄臭い温泉。

 

浴槽の岩には温泉が結晶化して鍾乳洞の壁面みたいになってるのも風情があって◎。

 

嗅覚でも視覚的にも楽しめるお湯でした( ´∀`)

 

 

 

 

ご飯もお値段のワリにかなり豪華で、、、この鴨鍋がメイン料理で、

 

他にも馬刺しやら魚料理やらじゃんじゃん出てきてお腹いっぱいのボリューム。

 

レース前日なのであまり飲めませんでしたが、

 

自家製果実酒もサービスで飲めて素晴らしいお宿でした。

 

宿泊派にはオススメお宿かも、、

 

「ひゅって 森の仲間達」ってトコでした。

 

会場から45分くらい。

 

 

 

 

で、翌朝。

 

完全に雪道ですなー。

 

ただまあ宿からの道は一気に下っているので、

 

少しガマンすればダイジョブでしょーつって、

 

念のため車のタイヤの空気圧をかなり下げて面積増やす作戦。

 

確実にグリップ増した気がしますw

 

凍ってる箇所は要所要所なので、

 

その箇所だけ変な事せずにやり過ごせばイケる感じで一安心。

 

ノロノロ行くために余裕を持って宿を出発しました。

 

 

 

 

 

 

そんな雪道だったけど会場近くまでくるとかなり回復。

 

レース当日は雪の影響はほぼなく、

 

解けた雪でフツーにマディって感じだけですね。

 

5月のレースにしてはかなり寒いですが、、、

 

で、FUN-GPではアヤちゃんの応援&サポート。

 

あと両親にレースの見所や観戦のルールなどを説明。

 

 

 

 

 

 

んでFUN-GPスタート!!( `ε´)ノ

 

星野さんの270度くらいあるフォロースルーが相変わらずオミゴトすぎる。

 

 

 

が、ここで珍事件発生、、、w

 

FUN-Dがスタートして残るはWB、WDのスタートだったんですが、

 

あまりに人数が少なかったためか、スタートまだなのに忘れて星野さんが帰っちゃったw

 

 

MCの中野さんが気付き慌てて大声で、、

 

「まもなくウーマンズクラスのスタートです!」

 

気付かずスタスタ去っていく星野さんww

 

「まもなく!!

 

ウーーーーーマンズクラスの!!!

 

スタァァーーートです!!!!!!!!」

 

っつって、やっと星野さん気付いて慌てて帰ってくるっていう…www

 

 

 

会場に響くマイクで、

 

「ほしのさーーーーん。まだっすーーー!!」

 

って言うワケにもいかないすからね。

 

ナイス機転でしたが、その様子の一部始終見える位置にいたボク的には、

 

だいぶツボでしたwww

 

 

 

 

そして無事にスタートするウーマンズクラスのWBとWDライダー。

 

ウチのアヤちゃんはフラッグへの反応はよく、

 

2〜3mくらいまではポンっとでて、

 

スタートから0.5秒までは「おっ!まさかのホールショットか!???」

 

って思いましたが、その後の1コーナーへ向かう闘志がゼロ衛門で、

 

フツーにゆっくり最後尾で1コーナーを回っていきました。

 

まあ、、、長丁場のレースだしね( ´∀`)

 

 

 

 

 

 

 

で、和田ぽん両親を連れて見所に移動、、、

 

 

渋滞発生していた登りセクションへ、、、

 

ヒルクライムっつーほどでは全然ないんですが、

 

坂の途中に上がってきて、そこから上向いて発進、、、

 

なので、滑る路面で向き変えながら途中発進のようにしないといけないセクション。

 

 

 

 

 

 

 

アヤべぇがきた!!

 

スタック車の間を抜けて、、、

 

 

 

 

 

低速でジワジワ登っていく、、、、w

 

 

 

 

 

 

 

おおー、、、心配いらない感じでクリアしてった。

 

 

 

今回のFUN-GPは「ガレ」より「マディの土路面」に合わせたタイヤチョイス、

 

かつハードエンデューロに出る時と同じ極低圧のエア圧でセッティング。

 

ライダーの技量、常用速度域にも寄りますが、

 

今回の難コンディション&レイアウトならソレだろ、、っつって、、

 

この登りと、もうひとつあったガレ気味の登坂の2箇所を、

 

「ハマらずに越えてく」のを重視したのがアタリでしたねー。

 

 

この坂で見てた限り、ハマってた人はタイヤがトラクションしてない、、

 

もちろんクラッチワークだったり、、ってのもあるんですが、

 

それ以上に空気圧高そうな滑り方してる人が多かったですね。

 

 

 

 

そんな感じで、、、

 

特に大ハマリをせず順調に周回を重ね5周、、、

 

WDクラスは2名の参加と少なかったんですが無事優勝。

 

総合でも半分まではいかないものの、近い所にいたのでかなり好成績。

 

ウチのチーム員はマディ路面にばっか強くなっていってしまうのはナゼなのか、、、

 

 

 

 

 

 

そんなこんなでクラス優勝でホッテストアワード。

 

和田ぽんもJNCCに参戦を始めてからホッテストアワードまでは

 

数年かかりましたからねー。

 

いきなりホッテスト体験するとは、、、。

 

 

 

 

 

んで、午後はワタクシのCOMP-GP。

 

寒いのでスタート直前までウインドブレイカー着てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モーターサイクル競技に普段あまり興味のない人に見せる場合、

 

やはりJNCCが一番良いかな〜っと思って

 

両親をつれてくるのを今回にしたんですが、、、

 

 

まずトップライダーの多さ。

 

国内トップレベルのライダー達の走りを間近に何度も見れるってのは魅力ですね。

 

ライダー紹介やアナウンス、BGMも豪華です。

 

出る側の場合、全員ライダー紹介されるJECが、

 

本格的レースの雰囲気を味わうのに良いな〜、、と思いますが、

 

JNCCはルールも単純明快でわかりやすく、

 

ライブリザルトで身内の順位もすぐ見れて、

 

Jバザーなどでのフードコートも充実してるので、

 

現状国内のエンデューロレースで「観戦」する場合には、

 

やっぱりJNCCにしてよかったなぁ〜と思いました。

 

一番「手っ取り早く」レースの迫力が伝わるレースだと思う。

 

 

 

 

 

 

そしてそんなCOMP-GPスタートなワケですが、、、

 

スタートはまずまず、、、真ん中くらいの1コーナー立ち上がり、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただまあ毎度の事ながら序盤のCOMP-Aライダーのトップスピードにはついていけず、、、

 

1周目は18位で通過、、、真ん中より後ろで安定のスタートですね。

 

むしろ良いほう?w

 

 

 

 

今回難所はいっぱいあったんですけどw、

 

COMP-Aクラスがひっかかる可能性のあるレベルの難所は2箇所。

 

例のハーフパイプガレ直登と、、

 

 

 

 

 

 

 

いつものこの壁を中途半端な助走で登るショータイムのショートカットですね。

 

1周目はここを通らないレイアウトだったので2周目から。

 

過去にもチャレンジしてるので助走さえしっかり出来れば登れるのはわかってる。

 

問題は今回のこの雪解けウッドチップでまともに助走出来んのか!?って事。

 

 

 

が、2周目に差し掛かってウッドチップ走ってみたら、、、

 

いつも以上に助走しづらいけど、全く助走つけられないワケではない、、、

 

ってトライ、、、

 

 

 

 

 

余裕っぽい!

 

ノーエスケープ決定ですね。

 

 

2周目で16位に、、、3周目もそのまま、、、

 

が4周目から15位、14位、13位、12位、11位と、

 

1周につき1人ずつ抜いて8周終わって11位に、、、

 

1周1殺!!( `ε´)ノ

 

 

が、ここからは毎回順位変わらず、、、

 

ショータイムは転倒車で塞がり気味な時に2回やり直したものの、

 

あとはすべて一発クリア。

 

 

 

 

ケンジカントクと平走して登る和田ぽん、、、

 

 

 

 

 

頂上で軽く交錯しつつも登頂、、、

 

トップライダー同士の激突っぽいので一生の思ひ出にします( ´∀`)

 

 

 

 

 

んで問題はハーフパイプガレ。

 

左端にタローさんがもがいているのが見えます( ´∀`)

 

もうここはどれだけ詰まってるか、、ですね。

 

 

詰まってるときの絵ヅラはハードエンデューロですねw

 

 

 

 

 

 

 

そこまで詰まってなければ基本みんなが通ってガレが少なめになっている左ラインですが、

 

かなりの確率で塞がっているので、ガレッガレの右ラインを行くコトもしばしば、、

 

左ラインの時はツルツルですが、キャンバーに駆け上がって

 

そのままガレに下りない、、なんてラインもありました。

 

後半掘られてキャンバーに上がれなくなってましたが、、、w

 

 

 

こーゆーガレはノーストップでイケる時は難なくイケるんですが、

 

一度しくじって止まっちゃうとリカバリーが大変。

 

 

 

鬼の押しで駆け上がるしかなくて体力そーとー持ってかれます。

 

止まっちゃった時は無駄な抵抗しないで瞬時に下りて押しに切り替えるのが大切。

 

スタックする!!って思ったらスタックするより前に下りて、

 

止まらずに押しあがって、上がりきったらそのままバイクに飛び乗る、、

 

ってゆーのが出来ればクリーンとソコまで差がつきません。

 

変わりに体力ゲージ1/4くらい削られますけどね、、、(;´д` )

 

 

 

 

 

 

 

なんとかガレを抜けてきたトコ、、、

 

最後のこのツルツル上りも結構イヤでした。

 

 

 

新品タイヤ投入を渋ってフロントタイヤがix07sのままだったんですが、

 

鈴蘭は間違いなくix09wGEKKOTAにすべきでしたね。

 

09ゲコタの恩恵は、09ゲコタ履いてない時にこそ痛感しますねw

 

フロント、リア共に、、、www

 

 

リアはVE33S-GEKKOTAでした。

 

ガレだけに焦点を合わせるなら09ゲコや525Xなどにしても良かったかもっすけど、

 

もちろんスピード区間も多々あったしマディだったし、

 

リアは33ゲコでアタリでしたね。

 

 

 

 

 

 

あとは後半のヤチがイヤでしたね。

 

序盤は良かったんですが、後半はウッドチップがドンドン掘れて、

 

埋まって途方にくれてるライダーもチラホラ、、、

 

 

最初は通れたラインがズッポシラインに変わってるので、

 

進入する前によーく見て、、、

 

ここはもう経験ですけど、よーく見ると、

 

スッゲー掘れるのか、まだ地面の固さがマシな所とか、

 

若干の違いを冷静に見て判断して、、、

 

走りながら、「あ、この先やば、、」って思ったら、

 

ライン変更して轍横切って安全なほうに避難…って感じで、、、

 

焦って突っ込むと終了しますんで注意深く、、、

 

 

 

 

 

鈴蘭恒例の下りは、、、、

 

ほおのき程じゃないけど結構な斜度、、

 

ここはもう攻めずに前転を気をつけて下るのみ、、、ですね。

 

毎回この下りが腕にキマすが、

 

「自分がツライ時は周りはもっとツライ、、」

 

ってのを合言葉に食いしばって、、、

 

ここで辛くなった腕を緩めないで下ったら全開、、、

 

 

 

 

ゲレンデらしく急傾斜の全開登坂も多いので、

 

ココこそ休まず全開、、、サボるなら他で、、

 

直線はサボるサボらないの差がデカイと思うので、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうこうしているうちに11周目、変わらず11位を走行するも、

 

前に10位のライダーを発見。

 

観戦してたアヤちゃんによるとこの時9位のライダーもすぐ前にいたとのコト、、

 

もう1つで表彰圏内で、9位までいければ目標のシングルフィニッシュ!!

 

っつって焦ってたんですが、バックマーカーを抜きあぐねて離されて、

 

水溜りの轍をちょっと深いラインから抜こうとして水の中で転倒、、、

 

 

 

 

 

転倒写真はなかったんですがこの場所です。

 

ここはイヤーな水溜り。

 

全身ズブ濡れに、、、リカバリーにも時間がかかり、

 

順位アップどころか12位にダウン、、(;´д` )

 

 

 

なんとか巻き返しを狙おうにも「L1」の表示、、、

 

ムリかな〜、、と思いつつラストスパートしましたが、、、

 

 

 

 

 

そのまま12位でゴールでした。

 

 

 

 

 

 

 

シングルフィニッシュまであと1,2歩、、、ってトコで、

 

今回みたいな自分に向いた展開はなかなかないと思うので、

 

いつもより、より悔しい結果になりました〜、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

レースの後は今度は奥飛騨の温泉宿にチェックイン。

 

レース後、かなり早い段階で温泉&飯&ルービー、、、実質優勝ではないでしょうか?

 

翌日は道の駅や野菜直売所などに寄りつつ、ノンビリ帰宅してGW前半戦終了でした。

 

 

30日〜2日まではお仕事や片付けなどをして過ごし、

 

3日からはGW後半戦に突入です( ´∀`)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM