最強バーエンドアンカーとかハンドガードの話…。

  • 2016.03.18 Friday
  • 13:19
ネタは色々あるんですが、

お預かりの仕事の納期が差し迫っているので本日は小ネタ…(*`ε´*)ノ

みんな大好きハンドガードのハナシっす!!

 




ハンドガードも色々種類がありますが、、、

JNCCなどでは装着義務があったり、エンデューロには必須のハンドガード。

ピットクルー時代のブログでもなんどがネタにしていますが、

和田ぽんが昔から愛用しているハンドガード…、、、、

の、バーエンド部分のアンカーのオススメ(*`ε´*)ノ





これっす。

アチェルビスのバーエンドアダプター。

アダプターには各社色んな種類があると思いますが、、、






一般的にはコレの上に映ってるタイプが一般的っすね。

ZETAやサイクラ、ステルスのWECハンドガードに標準でついてくるのもコレっす。

下は最初のと同じくアチェルビス。

これはアチェのプラスチックガードによくついてくるヤツっすね。

これもボチボチ頑丈なんですが、、、、







やはりコレが一番ガッツリ固定してくれる気がします。

ハンドガードは激しい転倒をするとグルッと回転してしまい、

車種によってはブレーキラインにヒットしたりして(主にカワサキ&ヤマハ車)

ブレーキトラブルを招いたりします。

当然コレでも回るときは回りますが圧倒的に回りづらいっす。

動いちゃってもちょっと回る程度、、、。

ガッチリ食いつくこと山の如しっす(*`ε´*)ノ


おかげでボクのKX250はそういえばブレーキにヒットするほど回って

バンジョー緩んでアボン的なトラブルはないっすね。







ただ、元々がアチェルビスの専用品なので、

ハンドガードのエンド部分にハマり込む突起があります。

コレをグラインダーなどで落して平らにしないと

他のガードには使えないっす。

あともうひとつのデメリットがお値段。

片方で1,800円するんすよ、左右で3,600円。

ハンドガードにはだいたいバーエンドアダプターが付属してくるので、

ソレを無駄にしてコレ買うっていうとイマイチオススメしづらいんすけど、

ハンドガードが回転してしまうリスクを少しでも軽減したい!!

って人はコレ、オススメっす。







最近和田ぽんのニューマシンWR450Fを、

月末のWEX勝沼に向けて鋭意製作中でして、

ハンドガードは最強サイクラにしたんすけど、

アダプターはやはりコレ、、、ってコトでネタにしようと思い出しました。






エロイぜ、ハンドル周り…(*`ε´*)ノ

サイクラはプラスチックバンパーがついてて、さらにソレもカラーが選べます。

だもんで、プロテクターはイエローのバンパーがレッド、

グリップがピンクっていうかなりアレなハンドル周りになっちゃったw


最近の和田ぽんカスタムはどんどんイロモノな方向に逝ってしまってる気がします。

最新マシンじゃないならイロモノになって目立ちましょーよ(*`ε´*)ノ

って言う事で…w

ま、WR450Fカスタムネタは完成したら詳しくアップいたします。




んで、ハンドガードのハナシにもどりますが、

最強具合ではやはりサイクラが不動のトップだと思います。

軽さ云々よりとにかく防御力!!な和田ぽん的には

イチオシナンバーワンなんですが、

ゴツイだけに重い、、、とか、

そもそも値段が高いw、なんて声もあるので、

そんな人には昔からオススメしておるステルスのWECハンドガード。



和田ぽんのKX250についてるヤツっすね。

いまはエンド部が流行りのアールついた形状になってる、

WEC-Curveというものにかわってます。

和田ぽんのは初期型WECっすけど、それだけに一体何年前から使ってんの?っていうw

マジで壊れないんですわー。

クランプ部の取り付けネジ穴が長穴じゃなかった初期型はさらに頑丈でした。

ってゆーか、やはりハンドル周りがエロイ、、、、。

プロテーパーのネオングリップがいけないんすねw



WECハンドガードの欠点はですね、、、、

プラスチックプロテクター、、、つまりディフレクターのカッコ悪さ。

仲間内でもシャモジとか、散々な言われようっす。

それでも旧年式の和田ぽんKXの丸みを帯びたバイクには合うんだよー!

って感じですが、やはり最新モデルのエッジの効いたデザインには合わないw


そこで…、、、、、





ハンドガード本体に穴あけます。

んで、そこにM6のタップたててネジ山をつくります。






そーするとデザインのカッコいいZETAのハンドガードがつきますw






ハンドガードのアールにもピッタリ沿う形っす。

ちなみにこないだサイクラにコレつけた時も概ねピッタリでした。






そーすっと最新マシンにも違和感ないデザインのハンドガードに早変わり。

あ、さらにハナシは脱線しますが、、、、






YZ250FXとか、フロントゼッケンプレートな車種は

ハンドガードのクランプ部分が干渉してヒジョーにウザったいっすよね。

とくに今回みたくフォーククランプマウントにすると

ガチ当たること火の如し。





クランプに当たっちゃってゼッケンの取り付け部が届かない。

無理やりたわませながらつけるか、ガッツリ削るか、、、しかないのですが、、、






お、そんなトコロに年式違いのゼッケンカウルが転がってますよ。

昔のYZ-Fや2stYZモデルについてたゼッケンカウルっすね。(右)








ステムに嵌め込む穴は一緒。

んでポイントは、、、





ここが長いんすよ、、、余白があるっつーか、、、







こーやって穴開け直してカラーをズラせるんす。

最新YZ&YZ-Fはズラす隙間がないですからね。






カラーの高さも違ったので、ちょっと長いボルトが必要っす。

同じ頭のちょっと長いピンポイントなボルトがあったのでコレで、、、、






んでかなり前方にズラして取り付けることに成功。







多少ナナメになっちゃったハズですが違和感はありません。






イッコ前の年式っていっても形状は変わらずカッコイイので、

FXにつけても違和感ナシっすね。

違和感があるとしたら落ちてたカウルに貼ってあった、

ナンかヘンなホタテのシールとミートテックステッカーくらいっすか。

まー、オーナーさんが勝手に剥がすでしょうwww









フツーのハンドルクランプのマウントでもはやり干渉するので、






コレがウゼーなーって思う人は、そんなゼッケンプレート交換もアリっすね、と。


若干脱線しましたが、そんな感じで、

最強ハンドガードバーエンドアンカーのご紹介と、

オススメクローズド2種「サイクラ、プロベントハンドガード」と

「ステルス、WECハンドガード」のご紹介でした。



なぜにクローズエンドをオススメするか、っていうと、

一番は指を怪我するからっす。

レバーを守るっていう目的もモチロンありますが、

最近は可倒式のピボットレバーや「折れない」最強レバーARCレバーもあるので、

オープンガード派もレバートラブルはかなり少ないんですが、

コケた時に指をレバーとハンドルに挟んだりするんすよね、、、。

転倒時にリカバリーの速さを重要視するあまり、

ハンドルを離さない和田ぽんは、とくにクラッチ側に2本がけしたままコケ、

薬指が切断されそーになります。


なので絶対クローズエンド派〜、、、、。

グリップの損傷とかもイヤだし、

なにより整備士は指が大事、、、。

ま、整備士に限らず万人に大事ですけどね、指は。



それよりナニよりハンドルへの振動を減らしたい!!

ハンドリングを軽くしたい!!

的な欲求が風の如しな人には、やはりオープンガードなんですが、

オープンガードの前にコレもオススメ。



和田ぽんWR250Rにも装着なアチェルビスの「TRI FIT」。

ま、クローズっちゃクローズなんすけど、

総プラスチックなんで軽い。

あとはマウント方法がミソで、、、、






わかりづれーなー、写真。

つーか、和田ぽんの所有オフ車全部ネオングリップっすねw


わかりづらいんですが、クランプがスイッチボックス横にあるんす。

要はオープンタイプのクランプをバーエンドまで伸ばした形状。

なのでハンドルの「しなり」を阻害しません。

オープンと同等のハンドリングっす。







でもエンド部分まであるので、オープンにありがちな、

マディや柔らかい路面で転倒してハンドルが地中深く突き刺さって四苦八苦、、、

なんてコトがないのです。

そしてこのガードのもう一つの特徴は、

総プラスチックのハンドガードなのにヒジョーに壊れにくいんす。

ハチタイやらJNCC&WEX、アタックツーで散々投げまくってますが、

未だに壊れずついてます。

何故かっつーと、転倒したときに回転するんすよね、このガード。

マウンドがすべて甘噛みというか、、、。

バーエンドアンカーが回ってしまうのではなく、

固定されたアンカーの中でハンドガードが空回りする構造。

クランプ部もローテティングクランプのように、

しっかりボルトを締め込んでても衝撃がくると逃げて回転するんです。

なので逆にいうとレバーや手は守ってくれない時もあります。

回転して自分だけ逃げやがって、結局手がイテーなんてコトもしばしばw


ガード性能はやはりアルミバーのクローズドには及ばなく、

オープンエンドよりはある程度、、、ですが、

やはりガチのオープンよりはプロテクション能力がありーの、

なにより路面に刺さってしまう事がないし、

グリップも破けない、、、

ハンドルのしなりも阻害しない、、、そして軽い、

と、オープンエンドのメリットを生かしながら

クローズドの利点も一部持つというオススメハンドガードっす。

いや、あくまでオススメはクローズドっすけどね。



ま、でもオープンガードのハンドリングは確実に良いので、

もうクローズドには戻れない派の人は、、、コレいんじゃね?と。

最後に、、、



写真があまりに汚くわかりづらいので

ネットで拾った画像を乗っけときます。



こんな感じでなかなかカッコも良いんすよ。






そんなハンドガードネタでした。









 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM